The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『It's A Man's Man's World』(Rattle Snake)
rattleitsamans

『It's A Man's Man's World』(RS 214/15) 2CD

June.16 2007 Stade de France,Paris France

Stereo Audience Recording
Quality:Excellent

***Bonus Track (Disc-2 Track9-13)
May.29 2007 Videohouse,Vilvoorde,Belgium

Stereo Audience Recording
Quality:Very Good

(Disc-1)
1.Intro/2.Start Me Up/3.Let's Spend The Night Together/4.Rough Justice/5.All Down The Line/6.She Was Hot/7.Waiting On A Friend/8.Can't You Hear Me Knocking/9.I'll Go Crazy/10.Tumbling Dice/11.Band Introduction/12.Happy/13.Wanna Hold You
(Disc-2)
1.It's Only Rock'n Roll/2.It's All Over Now/3.You Got Me Rocking/4.Honky Tonk Women/5.Sympathy For The Devil/6.Satisfaction/7.Brown Sugar/8.Jumping Jack Flash
*** Bonus Track
9.She's So Cold/10.Rocks Off/11.Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin)/12.Wild Horses#2/13.Infamy#1

2007年欧州ツアー5公演目パリ公演全曲収録盤。

この公演に関しては、本作に先駆けてWLRが『A Bigger Bang In Paris』(WLR-2037)をリリースしていましたが、本作はそれとは別の音源を使用。

wlrpari2007

WLR盤は音質含め近年の録音としてはかなり厳しい音でしたが、本作は同時リリースの他のRattle Snake盤同様に、演奏を大きく拾ったクリアーで自然な質感の高音質録音。

時折、前の観客の影響で定位や高域の抜けがやや変化したり、若干手拍子を拾ったりはしてますが気にならない程度。

したがってパリ公演に関しては雲泥の差でこちらのRattle盤。

ボーナストラックは5月29日にベルギーで行われたリハーサルから5曲。

音が遠く全体的にエコーがかってはいますがすっきりとした音質で、当然ながら周りは静かで安定している為、充分聴きやすい音。

このボーナストラックでの目玉はスライのカバー"Thank You"と05年ツアー以来となるキースの"Infamy"。

"Thank You"の方は、適当に合わせた感じで始まってはいますが、それなりに力が入っており、一旦演奏が終わった後実際にCDを聴いて確認しているのが興味深いところ。

そして"Infamy"の方は、ミックと思しきハープ入りという本番では有り得ない演奏を聴くことが出来ます。

ちなみに本作と同時リリースの『Prisoners Of Love』で、この日のリハの大半を聴くことが出来ますが、この日演奏されたもう一つの目玉"Can't Be Seen"が未収録につき、残り部分は次作(あるのか)に期待。

なお、"She's So Cold"終盤に音飛びあり。

by Hara ¦ 04:10, Monday, Oct 22, 2007 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『The Incredible Art Collins T ..

『The Incredible Art Collins T ..

『The Incredible Art Collins T ..

『Wembley Stadium 1999 Day2』( ..

『Goin' Back To The Roots' Ame ..

『Washington 1999 2nd Night』( ..

『Washington 1999 1st Night』( ..

番外編『The Rolling Stones In ..

『Los Angeles 1989 Final Night ..

『Paris 1982 1st Night』(-)

過去ログ
2020年10月
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ