The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 

トップページ
2017年12月

『Yokohama 2003』(-)
yokohama2003

『Yokohama 2003』(-) 2CD

Mar.12 2003 Yokohama Arena,Yokohama,Japan

Stereo Audience Recording
Quality:Excellent

(※)Disc-2 Track 5-7
Stereo Audience Recording
Quality:Very Good-Good

(Disc-1)
1.Intro/2.Street Fighting Man/3.It's Only Rock'n Roll/4.If You Can't Rock Me/5.Don't Stop/6.Monkey Man/7.You Got Me Rocking/8.Ruby Tuesday/9.Loving Cup/10.All Down The Line/11.Tumbling Dice/12.Band Introductions/13.Slipping Away/14.Happy
(Disc-2)
1.Sympathy For The Devil/2.Start Me Up/3.Honky Tonk Women/4.Satisfaction/5.Mannish Boy/6.When The Whip Comes Down/7.Brown Sugar/8.Jumping Jack Flash

2003年の「Licks Japan Tour」2公演目となる横浜アリーナ公演を、オーディエンス音源で全曲収録したタイトル。

横浜アリーナ公演の既発オーディエンス音源収録盤としては、ボックス『Front Row』(VGP-330)と『Licks Japan Tour 2003 Complete Box』(OOC 001-012)、そして単体リリースの『Live At The Yokohama Arena』(SD-002A/B)の3タイトルがリリースされてきましたが、本作はこれらとは異なるオーディエンス音源にて作成されています。

vgplicksjapanbox

licksjapanoocbox

silver2003yokohama

ややエコーがかってはいるものの分離が良く、低域もしっかりと捉えた好録音。またメインステージ部は周りも静かな上、クリアーながら耳につくことのないバランスの良い聞きやすい音となっています。

最後までこのままの音質でいけば良かったのですが、残念ながらBステージでは"Mannish Boy"が始まるとすぐに、録音者が体の向きを変えてしまったようで、完全にスピーカーに背を向けてしまったことから出音を背負った状態となってしまい、音の遠いぼやけた音となっている上、振り向いた側の観客は結構盛り上がっていたことから、歓声で音が埋もれてしまっているところも。

後発でいてこのBステージの音はいただけないので、Bステージ部分だけは思い切って既発の良好音源と差し替えた方が良かったのではといった感のタイトル。

23:30, Sunday, Dec 31, 2017 ¦ 固定リンク


『Sympathy For The Devil』(Tarantura)
tarasympathyforthedevil

『Sympathy For The Devil』(TCDRS-22-1,2) 2CD

May.23 1976 Earl's Court Arena,London,England

Stereo Audience Recording
Quality:Very Good

(Disc-1)
1.Fanfale For The Common Man/2.Honky Tonk Women/3.If You Can't Rock Me/4.Get Off Of My Cloud/5.Hand Of Fate/6.Hey Negrita/7.Ain't Too Proud To Beg/8.Fool To Cry/9.Hot Stuff/10.Star Star/11.You Gotta Move/12.You Can't Always Get What You Want/13.Band Intro/14.Happy/15.Tumbling Dice/16.Nothing From Nothing/17.Outa Space
(Disc-2)
1.Midnight Rambler/2.It's Only Rock'n Roll/3.Brown Sugar/4.Jumping Jack Flash/5.Street Fighting Man/6.Sympathy For The Devil

1976年ツアー最初のハイライトであるアールズコート6連続公演の3日目にあたる5月23日公演収録盤。

まず、この公演の既発盤に触れておくと、1枚物のLPなのに13曲60分近くも収録していた『British Venues 1976/Have You Seen Keef?』(-) と、このLPで遅かったピッチを修正し、スクラッチノイズも丁寧に除去した復刻CD『British Venues 1976/Have You Seen Keef?』(-)

britishvenus2

これらタイトルに加えて『Another Earls Court 1976』(VGP-022)やそのコピーと思しきタイトル『Down And Out In Paris』(RS 066/67)には、アンコールで演奏されたこのツアーのレア曲"Sympathy For The Devil"が収録されており、合わせるとこの日演奏した20曲中("If You Can't Rock Me"と"Get Off Of My Cloud"のメドレーは1曲とカウント)14曲を聴くことが出来ました。

vgpanotherearlscourt1976

rattlesnakedownandoutinparis

本作はこれら既発タイトルで聴くことが出来なかった"If You Can't Rock Me〜"Get Off Of My Cloud""Star Star""You Gotta Move"
"You Can't Always Get What You Want""Outa Space""Midnight Rambler"を含めた全曲収録タイトル。

本作の基となった音源もこれら既発タイトルと同じで、会場特有のホールエコーの影響でやや音の輪郭が甘目な傾向はありますが、演奏を大きく捉えており、歓声も良い感じで入っているバランスの良い好録音。

テープチェンジは"Fool To Cry"と"You Can't Always Get What You Want"終了後ですが、タイミングと交換の手際が良かったようで、次の"Hot Stuff"は頭からノーカットで、そしてメンバー紹介も全員分聞くことが出来ます。

また既発の"Sympathy For The Devil"では、曲の終盤でジェネレーションの異なる別音源に切り替わり。突如音がモノラルになってしまうという難点がありましたが(『Another Earls Court 1976』6分47秒、『Down And Out In Paris』6分34秒)、本作はそのような音質変化も無し。

・・・とここまでは良い点ばかりを挙げてきましたが、残念なのが肝心の音質。既発タイトルはマイルドな耳あたりの良い音質だったのに対し、本作は中域が響き気味の上下のレンジが更に狭まった音となってしまっていることに加えて、音圧の上げ過ぎで音の端々が時折バリバリと歪んでしまっているという難点あり。

またピッチも気になるレベルではないものの若干早めと、せっかくの好素材だったのでもう少し丁寧に造ってあればと何とも残念なタイトル。

なお、この日はいきなりミックが"Honky Tonk Women"で歌い出せず、しばらくインスト状態が続いたり、"If You Can't Rock Me"の入りではチャーリーが最初のフィルインの後ですぐに止まってしまったりと、安定した演奏という印象を受けるこのツアーにしては珍しいミスの連発を聴くことが出来ます。

11:53, Sunday, Dec 31, 2017 ¦ 固定リンク


『The Relative Independence Of Mercia』(Tarantura)
tarastafford1976

『The Relative Independence Of Mercia』(TCDRS-21-1,2) 2CD

May.18 1976 The New Bingley Hall,Stafford,England

Mono Audience Recording
Quality:Very Good

(Disc-1)
1.Opening/2.Honky Tonk Women/3.If You Can't Rock Me/4.Get Off Of My Cloud/5.Hand Of Fate/6.Hey Negrita/7.Ain't Too Proud To Beg/8.Fool To Cry/9.Hot Stuff/10.Star Star/11.You Gotta Move/12.You Can't Always Get What You Want
(Disc-2)
1.Band Introduction/2.Happy/3.Tumblinhg Dice/4.Nothing From Nothing/5.Outa Space/6.Midnight Rambler/7.Jumping Jack Flash/8.Street Fighting Man/9.Announcement - Military Marches(tape)

1976年欧州ツアーから初のブート化となる5月18日のスタッフォード公演収録盤。

若干エコーがかってはいるものの演奏を大きく捉えた好録音で、耳障りな手拍子や叫び声もほとんど無し。

残念ながら全曲収録ではなく、ライブ終盤の"It's Only Rock'n Roll""Brown Sugar"が未収録。加えて"Tumbling Dice"もテープチェンジにあたってしまったのか、イントロ途中からの収録。

本作が基とした音源は、ダビングを何度か経たテープジェネレーションの高いものだったようで、ヒスノイズ多めの全体的にやや荒れ気味な音になっていますが、それに加えて本作は硬質な音造りとしていることから、時折高域が耳につく箇所があったりします。

"You Can't Always Get What You Want"では、おそらくダビング時に新たに出来たと思われるオリジナルとは別のテープチェンジによる欠落があり、その箇所には音質の異なる同音源が補填されていますが(2分18秒〜7分1秒)、この補填音源の方がおとなしめな音となっている分だけ聴きやすかったりしたので、こちらの音質に合わせた音造りにした方が良かったような気も。

ただ本作は音質云々以前に、全体的にピッチがかなり遅いという難点があったりするので、最低限ここは何とかしておいてもらいたかったところ。

なお、演奏の方はこれといって耳を惹くようなことのない安定した平均的なものとなっています。

22:29, Friday, Dec 29, 2017 ¦ 固定リンク


△ページのトップへ
 


最近の記事
『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

『Zipping Through The Days』(G ..

『Grugahalle』(DAC)

『Fuckin'And Suckin』(DAC)

『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

※追記あり 『Bird's Vault - R ..

『Vienna 1976』(-)

『Licks Japan Tour 2003』 (-) ..

『Chicago 2006 2nd Night』(-)

過去ログ
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

本日   17
昨日   26
累計   287601

ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。

ログイン
保存

フリーソフトで作るブログ