The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 

トップページ
2018年12月

『Bird's Vault - RI 61/16(Volume Two)』(OBR)
obrbirdsvaultcd2

『Bird's Vault - RI 61/16(Volume Two)』(OBR 93 CD 038) 1CD

Studio Outtakes

Track-10
Oct.10-Dec.15 1977 Pathe Marconi Studios,Boulogne Billancourt,France

Track-9,11
Oct.10-Nov.29 and Dec.6-15 1977 Pathe Marconi Studios,Boulogne Billancourt,France

Track-1
Nov.29 & Dec.6-15 1977 Pathe Marconi Studios,Boulogne Billancourt,France

Track-5
June.10-Oct.19 1979 Pathe Marconi Studios,Boulogne Billancourt,France

Track-7
early November-Decmber 1979 Electric Lady Studios,New York City,NY,USA

Track-2,6,8,12
Nov.11-Dec.19 1982 Pathe Marconi Studios,Boulogne Billancourt,France

Track-3
Nov.7-Nov.9 1982 Pathe Marconi Studios,Boulogne Billancourt,France

Track-4
May 1983 The Hit Factiry,New York City,NY,USA

Stereo Soundboard Recordings
Quality:Excellent

(※)Track-11
Stereo Soundboard Recordings
Quality:Very Good


1.Miss You(I)/2.Tie You Up(The Pain Of Love)(II)/3.Wanna Hold You(I)/4.Too Much Blood(III)/5.It s A Lie(II)(Harp Intro)/6.In Your Hand/7.All About You(I)/8.Identification/9.When You re Gone(Red Eyes)(I)/, 10.Jam(Little T&A)(I)/11.Just My Imagination(II)/12.The Dog


前項と同時リリースのOBRの同名LP『Bird's Vault - RI 61/16(Volume Two)』(OBR 93038) のCD版

obrbirdsvaultlp2

※画像はネットから

Volume Oneの方は『アンダーカヴァー』の初期アウトテイク集でしたが、このVolume Twoは『女たち』から『アンダーカヴァー』までのアウトテイクを収録しています。

こちらのLPも、"Miss You(I)""Tie You Up(The Pain Of Love)(II)""Wanna Hold You(I)""When You re Gone(Red Eyes)(I)""Jam(Little T&A)(I)""Just My Imagination(II)"と半数以上の収録曲が初ブート化となる音源だったこともあり、同時リリースだったVolume Oneとセットで2枚組としたLPコピーのCDタイトルが2つリリースされています。

まずはGoldplate『Bird's Vault Vol.1&2』(GP-1802CD1/2)で、LPでは高めだった一部楽曲のピッチを修整してあったのがポイント。

goldplatebirdsvault

もう片方はGolden Eggs『Show Me Your Workings』(Egg 60/61)。こちらはLPそのままのコピーのため、ピッチやや高めなまま。

goldeneggshowmeyourwaoking

本作は新たにテープからマスタリングし直しているようで、ピッチを正しく修正してあるのはもちろん、ヒスノイズは既発同様に若干あるものの、既発タイトルの高域がやや加工された感のある音だったのに対し、自然な質感の高音質盤となっています。

LP制作時のミスなのか基となったテープ自体がそうだったのかは不明ですが、LP含む既発タイトルは左右が逆だったのに対し、本作はそこも修正。

また、トラック9の"When You re Gone (Red Eyes)"、LPでは1分50秒過ぎからトラックの終わりまで全体の音量レベルが下がっており、Golden Eggs盤はそのままでしたが、Goldplate盤はそれまでと同レベルに音量を持ち上げていることからヒスノイズがかなり耳につく印象。本作も同様の音量レベルの持ち上げ処理を行ってはいるものの、Goldplate盤のようなメリハリをつけた音造りをしていない分、ヒスノイズが増えても、さほど気にならないようになっています。

トラック11の"Just My Imagination (Version II)"は、やはりLPからの音飛びや回転の不安定さはそのままですが、何故かこの曲は修正しなかったGoldplate盤含む、ここで採り上げた既発3タイトル全てがピッチ高めだったのに対し、本作は正常に近く調整されています。

Volume One同様、こちらにもCDリリースにあたって新たにボーナストラックとして1曲追加されているのが、初ブート化の"The Dog"なる楽曲。テンポ早めなシャッフルのインスト曲で、こちらもVolume Oneに追加されていた初登場曲"Pull Over"同様にディーターホフマンの「ホワイトブック」と称されるデータ本「Recording Index 1961-2016」に載っていなかった曲。

recordingindex2

LPの方には、収録曲がこのホワイトブック内のRecording Indexの何処に追加となるかが記載されたインナーが付いてましたが、CD版にはこれが無いのがちょっと残念。したがって本作追加の"The Dog"もNicoのHPの方に記載の日付としたのでした。

by Hara ¦ 09:26, Monday, Dec 31, 2018 ¦ 固定リンク


※追記あり 『Bird's Vault - RI 61/16(Volume One)』(OBR)
obrbirdsvaultcd1

『Bird's Vault - RI 61/16(Volume One)』(OBR 93 CD 037) 1CD

Studio Outtakes

Track1,2,3,5,6,7,8,10,11
Nov.11-Dec.19 1982 Pathe Marconi Studios,Boulogne Billancourt,France

Track-4
Nov.7-Nov.9 1982 Pathe Marconi Studios,Boulogne Billancourt,France

Track-9
Jan.30-Mar 1983 Pathe Marconi Studios,Boulogne Billancourt,France

Stereo Soundboard Recordings
Quality:Excellent

1.Heartbeat(I)/2.Heartbeat(II)/3.Heartbeat(III)/4.Can't Find Love(I)/5.Something I Want(Your Love)(I)/6.Forty/7.Tie You Up(The Pain Of Love)(I)/8.The Golden Mile/9.Feel On Baby(I)/10.Christine/11.Pull Over


※トラック2と3の"Heartbeat"が追加トラックだったことをすっかり飛ばしていたので追記しました(Thanks Mr.atsu-y)


『アンダーカヴァー』の初期アウトテイク集だったOBRの同名LP『Bird's Vault - RI 61/16(Volume One)』(OBR 93037) のCD版

obrbirdsvaultlp1
※画像はネットから

このLP、"Something I Want(Your Love)""Tie You Up(The Pain Of Love)(I)""Feel On Baby(I)"の3曲の初登場音源を含んでいたこともあり、早速このLPからコピー作成されたCDタイトルが以下の2つ。

まずはGoldplate『Bird's Vault Vol.1&2』(GP-1802CD1/2)で、LPでは高めだったピッチを修整してあるのがポイント

goldplatebirdsvault

もう片方はGolden Eggs『Show Me Your Workings』(Egg 60/61)。こちらはLPそのままのコピーのため、ピッチやや高めなまま。

goldeneggshowmeyourwaoking

本作は新たにテープからマスタリングし直しているようで、ピッチを正しく修正してあるのはもちろん、ヒスノイズは既発同様に若干あるものの、既発タイトルの高域がやや加工された感のある音だったのに対し、自然な質感の高音質盤となっています。

LP制作時のミスなのか、LP含む既発タイトルは左右が逆でしたが、本作はそこも修正。

今回のCDリリースにあたって新たにボーナストラックとして追加されたのは3トラック。

まずはトラック2と3に収録されている"Heartbeat"。
既発に収録されていた"Heartbeat(I)"は仮歌が入っていましたが、今回追加となった2テイクはいずれもインスト。ただしトラック2の"Heartbeat(II)"は、これまでの"Heartbeat(I)"がフェードアウトだったのに対し、エンディングがきちんと決まったテイク。こちらのテイクは逆にフェードインだったため、"Heartbeat(I)"の続きではないかとの推測も出来そうですが、テンポが(I)に比べやや早め。

トラック3の"Heartbeat(III)"は更にテンポが上がったテイクで、曲のスタートから収録されていますが1分ほど演奏したところで、ちょっと音を外したようで演奏ストップとなるテイク。

そしてもう1曲のボーナストラックが、初のブート化となる"Pull Over"なる楽曲。
5分強あるアップテンポの8ビート曲で、3分過ぎからミックが歌メロらしきものを入れているといったもので、こちらはディーターホフマンの「ホワイトブック」と称されるデータ本「Recording Index 1961-2016」に載っていなかった曲。

recordingindex

LPの方には、収録曲がこのホワイトブック内のRecording Indexの何処に追加となるかが記載されたインナーが付いてましたが、CD版にはこれが無いのがちょっと残念。したがって今回追加の"Pull Over"はNicoのHPの方に記載の日付としたのでした。

by Hara ¦ 08:36, Sunday, Dec 30, 2018 ¦ 固定リンク


△ページのトップへ
 


最近の記事
『The Incredible Art Collins T ..

『The Incredible Art Collins T ..

『Wembley Stadium 1999 Day2』( ..

『Goin' Back To The Roots' Ame ..

『Washington 1999 2nd Night』( ..

『Washington 1999 1st Night』( ..

番外編『The Rolling Stones In ..

『Los Angeles 1989 Final Night ..

『Paris 1982 1st Night』(-)

『Bright Light Big City Revist ..

過去ログ
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

本日   3
昨日   27
累計   294454

ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。

ログイン
保存

フリーソフトで作るブログ