The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 

トップページ
2013年 2月

『The Prince's Trust Concert 1986 Complete』(Beano)
princetrustboot

『The Prince's Trust Concert 1986 Complete』(Beano-067) 2CD

June.20 1986 Wembley Arena,London,UK

Stereo Soundboard Recording
Quality:Excellent

(Disc-1)
1.Introduction/2.God Save The Queen/3.Wonderland(Big Country)/4.Fields Of Fire(Big Country)/5.Look Away(Big Country)/6.Chance(Big Country)/7.In A Big Country(Big Country)/8.Tom's Diner(Suzanne Vega)/9.Cracking(Suzanne Vega)/10.Small Blue Thing(Suzanne Vega)/11.Marlene On The Wall(Suzanne Vega)/12.Lesson In Love(Level 42)/13.Leaving Me Now(Level 42)/14.Something About You(Level 42)/15.Hot Water(Level 42)/16.Opening/17.Your Song(Elton John)/18.In The Air Tonight(Phil Collins)
(Disc-2)
1.Better Be Good To Me(Tina Turner)/2.Tearing Us Apart(Eric Clapton & Tina Turner)/3.Call Of The Wild(Midge Ure)/4.Money For Nothing(Mark Knopfler)/5.Everytime You Go Away(Paul Young)/6.Reach Out(Joan Armatrading)/7.No One Is To Blame(Howard Jones)/8.Sailing(Rod Stewart)/9.I'm Still Standing(Elton John)/10.Every Time You Go Away(Paul Young & George Michael)/11.I Saw Her Standing There(Paul McCartney)/12.Long Tall Sally (Paul McCartney)/13.Dancing In The Street(David Bowie & Mick Jagger)/14.Get Back (Paul McCartney plus Everyone)/15.Outroduction

1986年6月20日、ロンドンはウェンブリー・アリーナで行われた「プリンシズ・トラスト」10周年記念コンサートを、流出ステレオサウンドボード音源にて全曲収録したタイトル。

この公演については、オフィシャルLPおよびCDに、本作のトラックでいうとディスク1 Track4,11,14,18とディスク2 Track1,3,4,6,7,8,9,14(UK盤LP付属の7インチシングルにはDisc-2 Track11,12)の14曲が収録。

princetrustcd


60分版VHSビデオには、ディスク1 Track1,2,17,18とディスク2 Track1,2,4,5,8,9,10(Edit),11,12,14の計13曲14トラック収録。

princetrustvhs


そして「Extended Version」と題されたDVDには、ディスク1 Track1,2,7,11,15,17,18とディスク2 Track1〜12,14の19曲20トラックが収録。

princetrustdvd

ちなみに、ポール・ヤング&ジョージ・マイケルの"Every Time You Go Away"。本作はクラプトンのギターソロ部分を含む初のノーカット収録のようなニュアンスのメーカーインフォが出ていたようですが、実のところカットされていたのは60分版VHSビデオだけであって、この「Extended Version」DVDではきちんとクラプトンのギターソロが画付きで観ることが出来てたりします。

といった収録状況につき、実際に本作で初登場となった部分といえば、第2部のスタートを告げるディスク1 Track16の"Opening"とディスク2ラストの"Outroduction"のアナウンス及び客出しSE。そして楽曲では、ビッグ・カントリーの"Wonderland""Look Away""Chance"、スザンヌ・ヴェガの"Tom's Diner""Cracking""Small Blue Thing"、レベル42の"Lesson In Love""Leaving Me Now"、そしてミックとボウイの"Dancing In The Street"の計9曲となります。

前置きが長くなりましたが、ここのレビューの対象となるミックとボウイの"Dancing In The Street"。ポール・マッカートニーやクラプトンとの競演ということで、ある意味このコンサートのハイライトたりえるパートではあったものの、残念ながらオフィシャル関連には未収録。

ブートの方では、これまで『From Now To Then』(BMCD28)や『Live Webstar Hall N.Y.』(MJWH93)といったCDにて(他に7インチEPもあるようですが未所持)、レンジの狭い如何にもカセット録音といった音質の、
おそらくサウンドボードと思しきモノラル音源にて聴くことが出来ましたが、ステレオサウンドボード音源は本作が初。被ってくる歓声が異なる為、本作とこれらブートは音源が異なるもののようです。

fromnowtothen

livewebsterhallny

その本作、シャリっとした質感のやや高域強めなステレオサウンドボード音源。基テープの状態に起因する細かい音ユレが曲の最後にあったりはしますが、既発よりもはるかに高音質でこの曲を聴くことが出来ます。

なお、本作は静かなところではハムノイズが聞こえることから、おそらくは全長版のビデオから落とされたもののよう。実際この"Dancing In The Street"の映像も出回ったりしていますので、いずれは全長版のDVDとかも出るのかもしれません。

by Hara ¦ 08:56, Saturday, Feb 16, 2013 ¦ 固定リンク


『Pour Song Brown Sugar』(Sweet Records)
poursomebrownsugar

『Pour Song Brown Sugar』(SV-82706) 2CD

Aug.27 2006 Don Valley Stadium,Sheffield,UK

Stereo Audience Recording
Quality:Excellent

(Disc-1)
1.Intro/2.Jumping Jack Flash/3.Start Me Up/4.She's So Cold/5.Let's Spend The Night Together/6.Sway/7.Streets Of Love/8.Bitch/9.It's Only Rock 'n Roll/10.Tumbling Dice/11.Band Introductions/12.Slipping Away/13.Before They Make Me Run
(Disc-2)
1.Miss You/2.Rough Justice/3.Get Off Of My Cloud/4.Honky Tonk Women/5.Sympathy For The Devil/6.Brown Sugar/7.You Can't Always Get What You Want/8.Satisfaction

2006年欧州ツアー最後から3つ目にあたるシェフィールド公演収録盤。

本作は、当時CD-Rでリリースされていた『Pour Some Sugar On Sheffield』(Trial-166)を、あらためてプレスCDにてリリースしたタイトル。

trialpoursomesugar

演奏を大きく捉えた好録音で、Bステージや一部の曲で時折手拍子を拾ってはいますが、気になる程のレベルではなく、耳障りな歓声も無かったりします。

音にメリハリをつけようとしたのか、Trial盤よりも高域等が持ち上がっていますが、それによりシンバルが浮き気味になってしまっているのはマイナスポイント。Trial盤自体が高音質だったので、音をいじる必要性はなかったのでは。

それよりもBステージから本編ラストまで、かなり左に寄ってしまっていた定位を、きちんと中央にくるよう修正してくれた方が良かったりしたのですが、残念ながら修正はされずに左寄りのまま。

この日は表ジャケットに使われている当日の写真からも分かるように、雨中での公演でしたが、録音自体には雨の影響は無し。

ただし演奏の方では、雨中の影響かどうかは分かりませんが、2曲目の"Start Me Up"でキースが"Brown Sugar"と勘違いして、リフを2音ほど弾きかけて止めるという珍現象を聴くことが出来ます。

前年からのABBツアーでは"Brown Sugar"をライブ前半で演奏したことがないのに、このライブ序盤での勘違いというのは何とも不思議ではありますが、もしそのまま弾き続けてくれれば、1990年UJツアーでの「キーGの"JJF"」みたいなレア演奏が聴けたかもしれなかったので、キースが気づいて弾くのを止めちゃったのは何とも残念。

by Hara ¦ 20:10, Sunday, Feb 10, 2013 ¦ 固定リンク


『Fuel For Life』(Sweet Records)
fuelfoelife

『Fuel For Life』(SV-9605) 2CD

Sep.6 2005 Xcel Energy Center,St.Paul,MN

Stereo Audience Recording
Quality:Excellent

(Disc-1)
1.Intro/2.Start Me Up/3.You Got Me Rocking/4.She's So Cold/5.Tumbling Dice/6.Rough Justice/7.Back Of My Hand/8.Beast Of Burden/9.Rocks Off/10.Night Time Is The Right Time/9.Band Introductions/10.The Worst/11.Infamy
(Disc-2)
1.Miss You/2.Oh No,Not You Again/3.Satisfaction/4.Honky Tonk Women/5.Sympathy For The Devil/6.Jumping Jack Flash/7.Brown Sugar/8.You Can't Always Get What You Want/9.It's Only Rock'n Roll

2005年ABBツアー7公演目にあたるセントポール公演収録盤。

本作は当時CD-Rでリリースされていた『St.Paul 2005』(Trial-106)をプレスで再リリースしたタイトル。

stpaul2005

本作クレジットでは表ジャケ・裏ジャケ共にミシガン州とありますが、ミネソタ州が正解。これはNicoのHPが間違っており、そこから持ってきたのがバレバレですが、大元のTrial盤のクレジットはきちんとミネソタ表記になっていたりします。

ややエコーがかってはいますが、演奏を大きく捉えた高音質録音。Bステージ部分の一部で若干音が遠くなるのは、ステージの動きに伴ったもの。"Honky Tonk Women"や"Brown Sugar"で等でやや手拍子を拾っていたりはするものの、全体的には耳障りな手拍子・歓声の類は無し。

本作は、元のTrial盤よりもメリハリつけようと高域を持ち上げていますが、そのことにより一部シンバルが耳につく箇所ができたり、奥行き感が若干減退してしまったりしているので、そのままでも良かったような気が・・・。

この公演の"Sympathy For The Devil"では、モニター不調からか、曲の前半ミックがずっと上ずった感じで歌っていますが、これ、先般の50周年記念の2012年12月13日プルデンシャル・センター公演でも同様のトラブルというか珍演奏をしており、たまたまのタイミングでしょうけれども、タイムリーなリリースではあります。

また、"You Got Me Rocking"ではキースが構成を勘違いしたおかげで、曲がなかなか終われないといったツアー序盤ならではのドタバタぶりも。

なお、この日演奏された"Rocks Off"は、ABBツアーでの初演となります。

by Hara ¦ 12:43, Saturday, Feb 09, 2013 ¦ 固定リンク


『One More Shot The Rolling Stones Live』(Counting Records)
onemoreshotcd

『One More Shot The Rolling Stones Live』(CR-121215-CD1/2) 2CD

Dec.15 2012 Prudential Center,Newark,NJ

Stereo Soundboard Recording
Quality:Excellent

(Disc-1)
1.Concert Opening/2.Get Off Of My Cloud/3.The Last Time/4.It's Only Rock'n Roll/5.Paint It Black/6.Gimme Shelter(with Lady Gaga)/7.Wild Horses/8.Going Down(with John Mayer & Gary Clark Jr.)/9.Dead Flowers/10.Who Do You Love?(with The Black Keys)/11.Doom And Gloom/12.One More Shot/13.Miss You
(Disc-2)
1.Honky Tonk Women/2.Introductions/3.Before They Make Me Run/4.Happy/5.Midnight Rambler(with Mick Taylor)/6.Start Me Up/7.Tumbling Dice(with Bruce Springsteen)/8.Brown Sugar/9.Sympathy For The Devil/10.You Can't Always Get What You Want(with The Choir of Trinity Wall Street)/11.Jumping Jack Flash/12.Satisfaction

12月15日ニュージャージー公演のテレビ放送音源収録盤。

音の方は当然ながらの高音質ステレオサウンドボードですが、この放送音源を本作より先にCDリリースしていたのは、13日のオーディエンス音源収録CDと15日のTV放送収録のプレスDVDをセットにしたMayflowerの5枚組『Complete Prudential Center Two Nights 2012』(MF-18/19/20/21)

completeprudentialcentertwonights2012b

Mayflower盤がやや高域が強めに感じる音質だったのに対し、本作は高域が気になることのなく、クリアーで厚みのある聴きやすい音に仕上がっています。

またMayflower盤は、メンバー紹介にチャプターが振られていないという、ちょっと不親切な造りだったりしましたが、本作はそのようなことはなし。

この放送で気になるポイントというべき、アンビエントマイクが拾ってしまった、"Miss You"の途中で入り込んでくる観客の音痴な歌声部分については、耳につかなくするような何らかの処理はせず、そのままの収録となっています。

by Hara ¦ 07:05, Friday, Feb 08, 2013 ¦ 固定リンク


『121212 The Conceert For Sandy Relief The Original Audience Recording』(-)
121212audcd

『121212 The Conceert For Sandy Relief The Original Audience Recording』(-) 3CD

Dec.12 2012 Madison Square Garden,New York City,NY

Stereo Audience Recording
Quality:Excellent - Very Good

(Disc-1)
1.Video Montage Of News Coverage Of The Aftermath Of Hurricane Sandy/
●Bruce Springsteen And The E Street Band
2.Land Of Hope And Dreams incl.People Get Ready/3.Wrecking Ball/4.My City Of Ruins incl.Jersey Girl/5.Born To Run(with Jon Bon Jovi)/
●Roger Waters
6.Intro/7.In The Flesh?/8.The Happiest Days Of Our Lives/9.Another Brick in the Wall(Part 2)/10.The Ballad of Jean Charles de Menezes/11.Money/12.Us And Them/13.Comfortably Numb(with Eddie Vedder)/
●Bon Jovi
14.Video segment:Jon Bon Jovi in New Jersey/15.It's My Life/16.Wanted Dead Or Alive
(Disc-2)
●Bon Jovi
1.Introduction of Bruce Springsteen/2.Who Says You Can't Go Home(with Bruce Springsteen)/3.Livin' On A Prayer/
●Eric Clapton
4.Intro/5.Nobody Knows You When You're Down And Out/6.Got To Get Better In A Little While/7.Crossroads/
●The Rolling Stones
8.Intro/9.You Got Me Rocking/10.Jumping Jack Flash
●The Who
11.Intro/12.Who Are You/13.Bell Boy/14.Pinball Wizard/15.See Me,Feel Me/16.Listening To You/17.Baba O'Riley/18.Love,Reign O'er Me/19.Tea & Theatre
(Disc-3)
●Billy Joel
1.Intro/2.Miami 2017(Seen The Lights Go Out On Broadway)/3.Movin' Out(Anthony's Song)/4.Have Yourself A Merry Little Christmas/5.New York State Of Mind/6.The River of Dreams incl.Gloria/7.You May Be Right/8.Only The Good Die Young
●Paul McCartney
9.Intro/10.Helter Skelter/11.Let Me Roll It/12.Nineteen Hundred and Eighty-Five/13.My Valentine(with Diana Krall)/14.Blackbird/15.Cut Me Some Slack (with Krist Novoselic,Dave Grohl & Pat Smear of Nirvana)/16.I've Got A Feeling/17.Live And Let Die
●Alicia Keys
18.Empire State of Mind (Part 2)Broken Down/19.Billy Crystal"God Bless America"

「ハリケーン"サンディ"復興支援チャリティ・コンサート」のストーンズ出演部分については、演奏した2曲ともオフィシャルCDに採用された上、放送の方もプレスDVDで既に以下の2種がリリースされています。

TV放送された12月15日ニュージャージー公演をメインとしたCounting『One More Shot The Rolling Stones Live』(CR-121215DVD1/2)。

onemoreshotdvd

Alicia Keysの有無くらいで、抜粋されているアーティストがほぼ本作と同じという、Pignon『121212 The Concert For Sandy Relief』(Pignon-178)。

121212dvd

ちなみに画質はどちらもほぼ同じですが、片面2層のPignon盤の方は、よりによって層の切り替わりが"You Got Me Rocking"と"JJF"の間のMC部分にあたってしまったが為に、一瞬の空白が生じてしまっています。

さて本作、こうなる状況が見えていた中で、よくプレスでリリースしたなという感のあるオーディエンス録音収録盤。

ストーンズ部分については、重心やや軽めの音で演奏を大きく捉えてはいるものの、左にいる女性が時折あげる悲鳴が大変耳障りなことに加え、"JJF"になると定位が右に寄ってしまっています。

by Hara ¦ 23:19, Thursday, Feb 07, 2013 ¦ 固定リンク


『2Days Hurricane』(Empress Valley)
ev2dayshurricane

『2Days Hurricane』(EVSD 584/585/586/587) 4CD

Nov.25 & 29 2012 O2 Arena,London,UK

Mono Soundboard + Stereo Audience Recording (Matrix)
Quality:Excellent

(Disc-1)
1.Video Intro/2.Show Intro/3.I Wanna Be Your Man/4.Get Off Of My Cloud/5.It's All Over Now/6.Paint It Black/7.Gimme Shelter(with Mary J.Blige)/8.Wild Horses/9.All Down The Line/10.Going Down(with Jeff Beck)/11.Out Of Control/12.One More Shot/13.Doom And Gloom/14.It's Only Rock'n Roll(with Bill Wyman)
(Disc-2)
1.Honky Tonk Women(with Bill Wyman)/2.Band Introductions/3.Before They Make Me Run/4.Happy/5.Midnight Rambler(with Mick Taylor)/6.Miss You/7.Start Me Up/8.Tumbling Dice/9.Brown Sugar/10.Sympathy For The Devil/11.You Can't Always Get What You Want(with The London Youth Choir)/12.Jumping Jack Flash
(Disc-3)
1.Video Intro/2.Show Intro/3.Get Off Of My Cloud/4.I Wanna Be Your Man/5.The Last Time/6.Paint It Black/7.Gimme Shelter(with Florence Welch)/8.Lady Jane/9.Chanpagne And Reefer(with Eric Clapton)/10.Live With Me/11.Miss You/12.One More Shot/13.Doom And Gloom/14.It's Only Rock'n Roll(with Bill Wyman)/15.Honky Tonk Women(with Bill Wyman)
(Disc-4)
1.Band Introductions/2.Before They Make Me Run/3.Happy/4.Midnight Rambler(with Mick Taylor)/5.Start Me Up/6.Tumbling Dice/7.Brown Sugar/8.Sympathy For The Devil/9.You Can't Always Get What You Want(with The London Youth Choir)/10.Jumping Jack Flash/11.Satisfaction

50周年記念短期ツアー、ロンドンO2アリーナ2公演全曲収録盤。

ツアー初日11月25日公演収録のディスク1と2は、Godfather『Everybody Rattle Your Jewelry』(G.R.830/831)と同内容。

godfathereverybodyrattleyourjewelry1

そしてツアー2公演目11月29日公演収録のディスク3と4は、同じくGodfather『Chanpagne,Reefer And A Red Headed Woman』(G.R.832/833)と同内容。

godfatherchanpagnereeferand1

したがって、音の方はモノラルサウンドボード音源のイアーモニター音声に、ステレオオーディエンス音源を被せた、マトリクス音源と呼ばれるもの。

とはいえ、どちらの公演も音質まで全く同じなわけではなく、高域を持ち上げたりしてメリハリを付けたことにより、音のレンジが広がった印象を受け、音質はどちらの公演もGodfather盤より1ランクアップ。

また、高域を強調しがちなこのレーベルにしては珍しく、持ち上げた高域も耳に刺さらないよう聴きやすく仕上がっています。

29日公演の音が、25日公演の音より若干音の広がりに劣るのは、被せてあるオーディエンス音源によるもので、Godfather盤も同様。

29日公演の"I Wanna Be Your Man"、Godfather盤ではギターソロ途中の2分11秒でジリっという大きなノイズが入っていましたが、本作にはありません。ここの部分についてはノイズ除去処理による音質劣化も認められなかったことから、ひょっとして繋ぎかと推測し、初日の同曲を含め繋げられるパーツがあるかの確認もしてみましたが、あそこまで綺麗に繋がるものは無し。

本作とGodfather盤、チャプター位置こそ若干異なっていたりするものの、各ディスクのトータルタイムは全く同じ。しかし"I Wanna Be Your Man"のこの部分があることにより、本作がGodfather盤のコピーであると断定する根拠がないことから、ここのレビューでは同内容盤としておきます。

ちなみに"I Wanna Be Your Man"の最後のサビに入るノイズや、"Paint It Black"の歌い出し「red door and I」部分0分28秒から29秒にかけて、イアーモニター音源が途切れてオーディエンス音源と思しき音になる部分、そして"Chanpagne And Reefer"終了後の6分18秒での音切れについては、本作も同様。

"I Wanna Be Your Man"の最後のサビや"Paint It Black"はやむなしとしても、"Chanpagne And Reefer"終了後については、クロスフェードするなりしてあると尚良かった気がするのですが・・・。

by Hara ¦ 07:01, Tuesday, Feb 05, 2013 ¦ 固定リンク


『Second Night In Newark』(-)
secondnightinnewark

『Second Night In Newark』(-) 3CD

Dec.15 2012 Prudential Center,Newark,NJ

Stereo Audience Recording
Quality:Excellent

(Disc-1)
1.Opening Announcement/2.Introduction/3.Get Off Of My Cloud/4.The Last Time/5.It's Only Rock'n Roll/6.Paint It Black/7.Gimme Shelter(with Lady Gaga)/8.Wild Horses/
9.Going Down(with John Mayer & Gary Clark Jr.)
(Disc-2)
1.Dead Flowers/2.Who Do You Love?(with The Black Keys)/3.Doom And Gloom/4.One More Shot/5.Miss You/6.Honky Tonk Women/7.Band Introduction/8.Before They Make Me Run/9.Happy
(Disc-3)
1.Midnight Rambler(with Mick Taylor)/2.Start Me Up/3.Tumbling Dice(with Bruce Springsteen)/4.Brown Sugar/
5.Sympathy For The Devil/6.You Can't Always Get What You Want(with The Choir of Trinity Wall Street)/7.Jumping Jack Flash/8.Satisfaction

50周年記念短期ツアー最終公演、12月15日プルデンシャル・センター公演収録盤。

この公演はテレビで生中継されたことから、その映像や音を基にしたブートも幾つかリリースされ始めていますが、本作は開演前のアナウンスから終演までをオーディエンス音源にて完全収録。

生中継のスタートはビデオメッセージが始まる2分弱前だったことから、この開演前のアナウンスは本作のみでしか聞くことが出来ません。とはいえこのアナウンス、ディスク1頭の"Opening Announcement"として、ビデオメッセージと同じトラックにまとめられていますが、このトラックのトータルタイムがなんと13分34秒。

その内訳がアナウンス5分、その後のざわめきが4分半強(東京がどうとか録音者の周りの観客との会話が聞こえたりしてますが)、そしてビデオメッセージが4分。さすがにアナウンス後のざわめきをカットしても2枚組に収まらないことから、本作は3枚組になっていますが、このアナウンス自体がそんなに聞いていて楽しいものでもないので、あくまでも放送音源との差別化のため、記録としての収録と考えた方がいいのかなと。

その反面、終演後については場内BGMが鳴り始める前にフェードアウトとなっています。

さて音の方ですが、かなり前の方での録音だったようで、ビデオメッセージに続いてのドラムパフォーマンスでは、実際にパフォーマーが叩いている太鼓を大きく拾っており、その太鼓が場内に流れているシーケンスと微妙にずれたりしているのが確認出来たりするのは、このポジションならでは。

当然の事ながら演奏の方もかなり大きいバランスで録れており、曲によっては放送音源よりもギターが前面に出た迫力ある音となっています。

時折、録音者の前にいる観客の動きに左右されて、音が揺れたり若干の音質変化があったりしますが、極端なものは無し。

また幸運なことに、周りの観客が歓声や手拍子等をほとんど発していないので、耳障りに感じることもありません。

それだけの好録音ではあるものの、肝心の音造りの方では高域をやや強調してしまっていることから、シンバルやタンバリンが耳につくところがあったりするので、ここはもう少し気を使ってもらいたかったところ。

by Hara ¦ 17:23, Saturday, Feb 02, 2013 ¦ 固定リンク


△ページのトップへ
 


最近の記事
『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

『Zipping Through The Days』(G ..

『Grugahalle』(DAC)

『Fuckin'And Suckin』(DAC)

『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

※追記あり 『Bird's Vault - R ..

『Vienna 1976』(-)

『Licks Japan Tour 2003』 (-) ..

『Chicago 2006 2nd Night』(-)

過去ログ
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

本日   18
昨日   34
累計   291070

ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。

ログイン
保存

フリーソフトで作るブログ