The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『Live'r Than They'll Ever Be』(SODD)
soddliver

『Live'r Than They'll Ever Be』(SODD 013) 1CD+1CD-R
Nov.9 1969 Oakland Coliseum,Oakland,CA (1st Show)
Mono Audience Recording
Quality:Excellent

1.Jumping Jack Flash/2.Prodigal Son/3.You Gotta Move/1.Carol/5.Sympathy For The Devil/6.Stray Cat Blues/7.Love In Vain/8.I'm Free/9.Under My Thumb/10.Midnight Rambler/11.Live With Me/12.Little Queenie/13.Satisfaction/14.Honky Tonk Women/15.Street Fighting Man

表ジャケ及びディスクは、オークランド公演2ndショーを高音質収録し、オフィシャル『Get Yer Ya-ya's Out』のリリースを促したストーンズ・ブート第1号といわれる記念すべき名盤『Live'r Than You'll Ever Be』なのに、何故か正式タイトル及び中身は別で、実はその日の1stショーという、いかにもこのレーベルらしい(苦笑)本作。

この1stショー音源に関しては、前述の2ndショー並の高音質で、当時のレベルとしては最高のオーディエンス録音。

この音源を収録したタイトルではVGPが2004年にリマスターしてリリースした『Pot Boiler 1969』(VGP-265)が決定盤で、本SODD盤もそのコピー。

potboiler

このVGP盤、2001年にまずリリースした時は、この音源の欠点であった録音レベル調整が原因と思われる"JJF"終盤のレベルダウン部分を、全体の音量を持ち上げただけだったので、それに伴って上がったヒスノイズがかなり耳障りでしたが、2004年に出したリマスター盤の方は、そのヒスノイズを除去処理して聴きやすくしているのが特徴。

見分け方としては裏ジャケとマトリクスがポイント。

2001年版の方は裏ジャケの写真がミック単独で、マトリクスはVGP-265の刻印の横にも色々刻印されています。

potboilerold

2004年の方はミックの他にキースとビルが写っており、マトリクスはVGP-265以外は対角に数文字入っているのみ。

potboilernew

オマケのCD-Rは表ジャケで有名な2ndショー音源で、これまたこの音源の現行決定盤であるVGP『From San Francisco To Paris』(VGP-276)のコピー。

fromsanfrancisco

したがって、"JJF"後半のレベル不安定部分は1stショー同様に持ち上げ処理してあるのと、テープチェンジにあたってしまった"Under My Thumb"の前半は欠落したまま。そして"Sympathy For The Devil"3分32秒の音ブレも同じ。

しかし、このオマケ音源の方こそ歴史的な超有名音源なのに、何故にRにしちゃうんですかね・・・。

by Hara ¦ 00:46, Monday, Dec 11, 2006 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『New York Junction』(DAC)

『The Rolling Stones Steel Whe ..

『Australian Tour 1966』(DAC)

・・・

『Palladium 1978』(-)

『Complete Lacerated』(-)

『Live...1978』(KING STREET)

『Philadelphia 1989 Second Nig ..

『Philadelphia 1989 First Nigh ..

『Let It Bleed Sessions』 (May ..

過去ログ
2021年10月
2021年 9月
2021年 8月
2021年 5月
2020年10月
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ