The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『The Bigger Bang In Stuttgart』(DAC)
dacstuttgart

『The Bigger Bang In Stuttgart』(DAC-074) 2CD

Aug.3 2006 Gottlieb-Daimlerstadion,Stuttgart,Germany

Stereo Audience Recording
Quality:Excellent

(※)Disc-1 Track9&10
Mono Audience Recording
Quality:Excellent

(※)Disc-2 Track10&11
June.10 2007 Isle of Wight Festival,Seaclose Park,UK
Stereo Soundboard Recording
Quality:Excellent

(Disc-1)
1.Intro/2.Jumping Jack Flash/3.It's Only Rock'n Roll/4.Oh No Not You Again/5.Let's Spend The Night Together/6.Ruby Tuesday/7.Streets Of Love/8.Tumbling Dice/9.Midnight Rambler/10.Night Time Is The Right Time/11.Band Introductions/12.Slipping Away/13.Before They Make Me Run
(Disc-2)
1.Miss You/2.Rough Justice/3.Start Me Up/4.Honky Tonk Women/5.Sympathy For The Devil/6.Paint It Black/7.Brown Sugar/8.You Can't Always Get What You Want/9.Satisfaction/10.Start Me Up/11.Sympathy For The Devil

2006年欧州ツアー屈指の好録音であるシュトッツガルト公演音源を、遅ればせながらDACもリリース。

この音源を収録したタイトルとしては、超高音質ながら"Midnight Rambler"の後半から"Night Time Is The Right Time"全般にDATのトラッキングエラーの様なデジタルノイズが入ってしまっている『The Bigger Bang In Germany』(RS-BBG 030806-1/2)と

subwaythebiggerbanggermany

そこからボーナストラックをカットした丸コピー盤『The Bigger Bang In Germany』(SODD 034/35)

soddtbbgermany

デジタルノイズこそ入っていないものの、イコライジングで中域を持ち上げたが為にかえって音が劣化したように聞こえてしまっている上、何故か"You Can't Always Get What You Want"の終盤と"Satisfaction"が手拍子の多い遠目の音源に切り替わってしまう『Stuttgart'06』(Check This Out)の3タイトル。

ctosttutgar06

さて本作、左右の音の広がりこそ『The Bigger Bang In Germany』にほとんど大差ないレベルではありますが譲るものの、音質は同等で超高音質。

そして問題のデジタルノイズに関しては、元々ノイズが右チャンネルのみに入っていたことから、"Midnight Rambler"と"Night Time Is The Right Time"の2曲のみ左チャンネルだけのモノラルにして作成。

ただし元々の音が大変近くてモノラルに近い質感だった為、若干定位が変わったと感じる程度でほとんど違和感はなし。今回チェックして気付きましたがCTO盤も同様の処理を行っていた模様。

ただ不思議なのは、デジタルノイズ部分のみをモノラルにしているだけのはずなのに、どういう訳か"JJF"が終わって"IORR"が始まる前のミックのMC「Hello,Stuttgart」の後に『The Bigger Bang In Germany』だと入ってくるかなり大きい口笛が、DAC盤及びCTO盤ではまるで無かったかの様に綺麗に消えている点。

この口笛は"IORR"イントロ前のキースのグリッサンドにも被っているのですが、DAC盤とCTO盤で聴けるグリッサンドには痕跡なく消えています。

他の歓声部分は『The Bigger Bang In Germany』と同じにつき、別マスターということはあり得ないのでなんとも不思議な部分ではあります。

また今回のDAC盤は、既発タイトルがいずれもオープニングSEからの収録だったのに対し、客電が落ちる前の場内BGMから収録しており、既発のコピーでないことを証明。

と、若干の差異はあるものの、遅まきながらようやく2006年シュトッツガルト音源の本命登場といった感じなのかなと。

なお、ボーナストラックの2曲は2007年ワイト島フェスティバルの放送音源から。この2曲に関しては『A Bigger Bang Soundboard 2005-2007』(WLR-2039)にかなり劣化した音で収録されていましたが、本作は当然の事ながら高音質にて収録されています。

abbsbd


by Hara ¦ 03:45, Friday, Oct 26, 2007 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『The Incredible Art Collins T ..

『The Incredible Art Collins T ..

『The Incredible Art Collins T ..

『Wembley Stadium 1999 Day2』( ..

『Goin' Back To The Roots' Ame ..

『Washington 1999 2nd Night』( ..

『Washington 1999 1st Night』( ..

番外編『The Rolling Stones In ..

『Los Angeles 1989 Final Night ..

『Paris 1982 1st Night』(-)

過去ログ
2020年10月
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ