The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『Key To The Highway』(Rattle Snake)
rattlekeytothehighway

『Key To The Highway』(RS 220) 1CD

Studio Outtakes & Different Mixes 1963-1966

Stereo & Mono Soundboard Recordings
Quality:Excellent

1.Go Home,Girl/2.Mercy Mercy/3.Key To The Highway/4.Leave Me Alone/5.Suzie Q/6.Good Bye Girl/7.It Should Be You/8.This Girl Belongs To Yesterday/9.Con Le Mie Lacrime/10.Have You Seen Your Mother,Baby,Standing In The Shadow/11.Paint It,Black/12.Lady Jane/13.Have You Seen Your Mother,Baby,Standing In The Shadow/14.Paint It,Black/15.19th Nervous Breakdown/16.19th Nervous Breakdown/17.The Last Time/18.Heart Of Stone/19.Going Home

曲目見ても分かるようにScorpioの『Time Trip Volume 5』(Scorpio TT5)と同内容盤。

tt5

裏ジャケや中ジャケにわざわざ「the master tape version」と銘打ち、インフォでもScorpio盤を引き合いに出してマスターテープからの作成とうたってはいるものの・・・。

実のところはScorpio盤ではやや長めにとっていた曲間を、全て2秒の無音と固定して、全体のヒスノイズを若干消去しただけのもの。

曲間のヒスを完全にカットする意図からか、音源が始まるギリギリまでカットしている為、"Mercy Mercy"辺りはイントロの入りがやや詰まったような印象を受けてしまうのがやや残念。

とはいえ、20ページに及ぶブックレット等、作りに関しては流石といった部分も。

なお、『Time Trip Volume 5』ではノンクレジットながら"Going Home"に細かいチャプターが振ってありましたが、本作はクレジット通りに1トラック収録。

曲目に関しては、既に『Time Trip Volume 5』の項に載せてありますが、もう一度全曲に軽く触れておきますと

1.Go Home,Girl/2.Mercy Mercy/3.Key To The Highway
初登場アウトテイク

4.Leave Me Alone/6.Good Bye Girl/7.It Should Be You/8.This Girl Belongs To Yesterday
既発音源グレードアップ

5.Suzie Q
オフィシャルには無い曲前の会話とカウントを収録。

9.Con Le Mie Lacrime
ハープシコードがオーバーダヴされる前の初登場テイク。

10.Have You Seen Your Mother,Baby,Standing In The Shadow/11.Paint It,Black/12.Lady Jane
ヴォーカルトラックをオフにしたモノラルミックス。

13.Have You Seen Your Mother,Baby,Standing In The Shadow/16.19th Nervous Breakdown/17.The Last Time
リアル・ステレオミックス

14.Paint It,Black
単音イントロ後のシタールによる最初のストロークがオフになっている別ミックス。

15.19th Nervous Breakdown
ヴォーカルの違いが顕著なリアル・ステレオミックスのアウトテイク

18.Heart Of Stone
オフィシャルよりフェードアウトが若干長めのリアル・ステレオミックス

19.Going Home/20.Going Home/21.Going Home
曲前のスタジオ内の会話等が追加されたモノラル・ミックス

by Hara ¦ 06:37, Tuesday, Jan 29, 2008 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『Perth 1973 Soundboard』(-)

『All Meat Music 1973』(Mayflo ..

『Roseland Ballroom 2002』(-)

『New York Junction』(DAC)

『The Rolling Stones Steel Whe ..

『Australian Tour 1966』(DAC)

・・・

『Palladium 1978』(-)

『Complete Lacerated』(-)

『Live...1978』(KING STREET)

過去ログ
2022年 5月
2022年 4月
2021年10月
2021年 9月
2021年 8月
2021年 5月
2020年10月
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ