The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『2120 South Michigan Avenue』(Chess 64)
2120southmichiganavenue

『2120 South Michigan Avenue』(Chess 64) 1CD

June.10-11 1964 & Nov.8 1964 & May.10 1965 Chess Studio,Chicago,IL,USA
(※)Track 18 BBC'Saturday Club'

Stereo Soundboard Recording
Quality:Excellent

(※)Track 13-15,18,21-27
Mono Soundboard Recording
Quality:Excellent

1.It's All Over Now/2.I Can't Be Satisfied/3.Stewed And Keefed/4.Around And Around/5.Confessin' The Blues/6.Down In The Bottom/7.Empty Heart/8.Hi-heel Sneakers/9.Down The Road Apiece/10.If You Need Me/11.Look What You've Done/12.Tell Me Baby/13.Time Is On My Side(Version 1)/14.Reelin' And Rockin'/15.Don't Lie To Me/16.2120 South Michigan Avenue/17.What A Shame/18.Fanny Mae/19.Little Red Rooster/20.Time Is On My Side(Version 2)/21.Goodbye Girl/22.Key To The Highway/23.Mercy,Mercy/24.Mercy,Mercy/25.That's How Strong My Love Is/26.The Under-Assistant West Coast Promotion Man/27.Satisfaction

副題に「The Unreleased 1964 Blues Album」と表記されてはいますが、実のところは1964年から1965年にかけてのチェススタジオ録音集。

同傾向の既発タイトルとしては、日本編集のオフィシャル・アナログ盤の
拡大複刻版として、VGPがレーベル名を伏せてリリースした『Chicago Chess Sessions』(London)がありましたが、こちらは1964年6月10-11日のセッション音源を主としたタイトル。

chicagochesssessions

本作は、その1964年6月10-11日のセッション音源に加え、1964年11月8日および1965年5月10日のセッション音源も収録した、所謂チェススタジオ音源の集大成的タイトル。

冒頭16曲は1964年6月10-11日のセッションから。

残り15曲では、"Time Is In My Side(オルガンイントロバージョン)"と"Reelin' And Rockin'"の2曲がモノラルミックスで、後はステレオミックスを収録しており、"2120 South Michigan Avenue"はロングバージョンの方のステレオミックス。

ちなみにVGP盤は、"2120 South Michigan Avenue"ロングバージョンのステレオミックスがVGP盤リリース後の発掘につき未収録、そして何故か"Time Is In My Side"が未収録となっていますが、その代わりに"It's All Over Now""Confessin Blues""I Can't Be Satisfied""Look What You've Done"のモノラルミックス、"2120 South Michigan Avenue"のショートバージョンのステレオミックスおよびロングバージョンのモノラルミックスを収録しています。

ちなみにVGP盤には"Good Times,Bad Times"が収録されていますが、これは1964年2月25日のロンドン・リージェントスタジオでの録音。しそたがって、本作・VGP盤のどちらにもチェスとは関係の無い音源が紛れ込んでいることとなります。

なお、VGP盤ではイントロが欠けている"Reelin' And Rockin'"ですが、本作はイントロ4回の内欠けている1回目を丸々カットして3回にしている為、ぱっと聞きでは気付かないような編集になっています。

続いて17曲目から23曲目は、1964年11月8日のセッションからですが、18曲目の"Fanny Mae"だけは1965年8月20日録音のBBCラジオ音源。なお、この11月8日のセッションでは全7曲が録音されており、その内の6曲は本作に収録されましたが、唯一発掘されていない残りの1曲が"Fanny Mae"ということで、制作者は音の良いBBC音源で代用しようと考えたのかなと。

ちなみに、その本作収録のBBC録音"Fanny Mae"、曲の最後のシンバルの余韻にアナウンスが被る為、他のBBC収録ブートはいずれも絞りが早かったりして、曲終了の余韻が若干おかしかったりするのですが、本作はうまくリバーブ処理を施しているようで、違和感なくすっきりと曲が終わるようになっています。これに関しては、ポイントは高いのですが、チェス録音集というコンセプトを考えると、やはり未収録にしておいてくれた方が良かったかなとは思いますが・・・。

なお、"What A Shame""Time Is On My Side(ギターイントロバージョン)"はステレオミックス。


そして最後に24-27曲目は1965年5月10日のセッション。
このセッションで演奏した5曲中4曲を本作は収録していて、未収のJBカヴァー"Try Me"は未だ発掘されていません。

ちなみに、本作では23曲目と24曲目に"Mercy Mercy"を収録していて、半年間での曲のアレンジの進化を続けて聴くことが出来るという曲の並べ方はなかなか便利。

"The Under-Assistant West Coast Promotion Man"は3分18秒の最長バージョン。

ラストの"Satisfaction"はTVショー「SHINDIG」での放送音源落としですが、その放送で使われた音源は、この1965年5月10日のセッションで録られたテイク。ハーモニカの入った珍しいテイクではありますが、本作は状態の悪い音源から作成されており、ドロップアウトが頻繁にあったり、
曲中に被るアナウンスをカットしようという意図から曲中にフェードアウト・インが2箇所もあったりと、散々な音。ちなみに、VGP『Still I'm Gonna Miss You』(VGP-073)にも同音源が収録されていますが、こちらはテープ劣化によるドロップアウトは無く、最後のフェードアウトも本作より若干長く収録されていますが、本作でいう1回目のフェードインから2回目のフェードアウトにあたる部分がカットされている上、音のレンジが本作より若干狭まっています。

vgpstillimgonnamissyou

といった具合で、せっかくのチェススタジオ録音の集大成的タイトルなのに、別スタジオでの"Fanny Mae"が収録されちゃっているのがちょい残念なタイトル。

by Hara ¦ 02:16, Tuesday, Sep 16, 2008 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『The Incredible Art Collins T ..

『The Incredible Art Collins T ..

『The Incredible Art Collins T ..

『Wembley Stadium 1999 Day2』( ..

『Goin' Back To The Roots' Ame ..

『Washington 1999 2nd Night』( ..

『Washington 1999 1st Night』( ..

番外編『The Rolling Stones In ..

『Los Angeles 1989 Final Night ..

『Paris 1982 1st Night』(-)

過去ログ
2020年10月
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ