The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『Little Boys Play With Stones』(DAC)
daclittleboys

『Little Boys Play With Stones』(DAC-093) 2CD

June.9 1976 Palais Des Sports,Lyon,France

Mono Audience Recording
Quality:Very Good

(※)Disc-2 Track11
June.17 1975 Maple Leaf Gardens,Toronto,Canada
Stereo Soundboard Recording
Quality:Very Good

(Disc-1)
1.Honky Tonk Women/2.If You Can't Rock Me - Get Off Of My Cloud/3.Hand Of Fate/4.Hey Negrita/5.Ain't Too Proud To Beg/6.Fool To Cry/7.Hot Stuff/8.Star Star/9.Angie/10.You Gotta Move/11.You Can't Always Get What You Want
(Disc-2)
1.Band Introductions/2.Happy/3.Tumbling Dice/4.Nothing From Nothing/5.Outa Space/6.Midnight Rambler/7.It's Only Rock'n Roll/8.Brown Sugar/9.Jumping Jack Flash/10.Street Fighting Man
-Bonus Track-
11.Luxury

DACが珍しくも、アナログのジャケットをそのまま表に使用した(いつもは裏側に使用というのがパターン)、拡大アナログ複刻タイトル。

1976年のリヨン公演といえば、『Backstage Limited』(DAC-010) に代表される高音質サウンドボード音源により、ライブの大半がブート化されていますが、本作はオーディエンス音源での全曲収録盤。

dacbackstagelimited

このライブのオーディエンス音源はというと、アナログ時代にリリースされていた本作複刻の基となった1枚物LP『Little Boys Play With Stones』(M21 A/B) にて、"Honky Tonk Women"から"You Gotta Move"までのライブ前半が、まずブート化。

lplittleboys

続いて、DAC『Backstage Limited』がリリースされる前までは、サウンドボード音源収録盤の代表的タイトルだった『Back Stage Unlimited』(VGP-203)のサウンドボード欠落部補填として、"Honky Tonk Women"の前半部、及び"JJF"の中盤以降から"SFM"の間奏までが、前述のアナログと同音源にてブート化されてきましたが、本作はそれらオーディエンス音源の全長盤となります。

vgpbackstageunlimited

全曲収録ではありますが、テープチェンジの関係で"Hot Stuff"は間奏途中まで、"Star Star"は途中から、"SFM"も途中までと、これら3曲は不完全収録となっています。

ただし、前述のアナログ盤にもこの不完全な"Hot Stuff"と"Star Star"は収録されていましたが、"Star Star"はアナログよりも前の位置からの収録。

また、オープニングもアナログでは聴けなかったオープニングSEを、わずかながら聴くことが出来、VGP『Back Stage Unlimited』では、間奏までの2分弱の収録だった"SFM"が、後奏にあたる4分41秒まで聴けるように
なっています。

本作はアナログ盤同様にモノラル収録(事典ではステレオ表記となってましたので、ここで訂正しておきます)。VGP盤収録の同音源に関してはステレオっぽく聞こえますが、疑似ステレオの可能性あり。

音質は、中域に音が集まり全体的に軽めの印象だったアナログや、低域がかなりオンになっていたVGP盤と比べ、クリアーなバランスの良い聴きやすい音になり、既発に比べると格段の向上となっています。

ボーナストラックは前年の6月17日トロント公演から、レア曲"Luxury"のサウンドボード音源。

この音源自体は、1975-76年のサウンドボード音源集『We Hope Ya Like Dis One』(VGP-235)にも収録されていましたが、VGP盤の"Luxury"はレンジの狭いモノラルだったのに対し、本作はヒスノイズこそやや多めなものの、ステレオミックスにて収録されており、こちらも既発より聴きやすくなっています。

vgpweho

by Hara ¦ 07:12, Friday, Jan 29, 2010 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

『Zipping Through The Days』(G ..

『Grugahalle』(DAC)

『Fuckin'And Suckin』(DAC)

『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

※追記あり 『Bird's Vault - R ..

『Vienna 1976』(-)

『Licks Japan Tour 2003』 (-) ..

『Chicago 2006 2nd Night』(-)

過去ログ
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ