The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『Los Angeles 1989 Final Night Mike Millard Master Tapes』(-)
losangelsfinalnight

『Los Angeles 1989 Final Night Mike Millard Master Tapes』(-) 2CD

Oct.22 1989 Memorial Coliseum,Los Angeles,CA

Stereo Audience Recordings
Quality:Excellent

(Disc-1)
1.Continenntal Drift/2.Start Me Up/3.Bitch/4.Sad Sad Sad/5.Undercover Of The Night/6.Harlem Shuffle/7.Tumbling Dice/8.Miss You/9.Ruby Tuesday/10.Angie/11.Rock And A Hard Place/12.Mixed Emotions/13.Honky Tonk Women/14.Midnight Rambler
(Disc-2)
1.You Can't Always Get What You Want/2.Little Red Rooster/3.Before They Make Me Run/4.Happy/5.Paint It Black/6.2000 Light Years From Home/7.Sympathy For The Devil/8.Gimme Shelter/9.Member Introductions/9.It's Only Rock'n Roll/10.Brown Sugar/11.Satisfaction/12.Jumping Jack Flash

1989年Steel Wheelsツアー中盤のハイライト、ロサンジェルス4連続公演最終日となる10月22日公演全曲収録盤。

このロサンジェルス4連続公演、初日の18日公演は3枚組LPの『Love You Live Los Angeles』(SL 87037)と2枚組CD『Los Angeles 1989 1st Night』(-)にて、それぞれ異なるオーディエンス音源がブート化。

loveyoulivelosangelslp

losangels19891stnight

続くエリック・クラプトンがゲスト出演した2日目の19日公演はスクリーン映像が流出し、その音声を基に作成された『At The Max To The End』(VGP-087)等、幾つかのCDタイトルがリリースされてきましたが、

vgpatthemaxtotheend

最初に日程が発表された21日と22日公演(18日と19日は追加発表)はこれまでリリースされてきておらず、本作が初のブート化。

そしてアルバムタイトルにも記載されているように、本作の基となった音源は、ストーンズのブート愛好家には75年LAフォーラムの高音質録音でお馴染みの著名なテーパー、マイク・ミラード氏によるもの。

やや奥行きを感じる音ながらバランス・分離共によく、且つ耳障りな歓声や手拍子はほぼ無いという流石の録音で、音質もクリアー。

テープチェンジやテレコ停止による欠落部は、"Rock And A Hard Place"と"Mixed Emotions"の曲間、"Happy"と"Paint It Black"の曲間、そして本編"Satisfaction"が終わってアンコールの"Jumping Jack Flash"が始まるまでの間の3箇所。

この欠落部には当日の別音源が補填されていますが、音質もさることながら周りの観客の環境が似た音源があったようで、音源切り替わりの違和感はほぼ無し。

そしてクレジットはされていませんが"Jumping Jack Flash"が終わった後の花火と"Carmen"も同音源から追加補填されています。

この日は、"Harlem Shuffle"の歌い出しでミックが入り損ね、バーナードが一人だけ歌い出してしまっていたり、"Rock And A Hard Place"では開始前の機材トラブルと思しきノイズでメンバーが躊躇してしまったのか、チャーリーだけが演奏をスタート。"Honky Tonk Women"ではキースのイントロの入りが遅れてしまったことからタイミングがつかめず、なかなか歌い出しのリフに入れずかなり長めのイントロに。"Before They Make Me Run"では最初のサビを2回繰り返すのに、キースが1回終わったところでAメロのコードを弾き始めてしまったり、"Gimme Shelter"では中盤のギターソロの前のコード進行をキースが間違えたためソロの入りが遅れ、"It's Only Rock'n Roll"の前のサポートメンバー紹介では、まだアップタウンホーンズの紹介が済んでいないのに、キースがイントロを弾き始めてしまい慌てて止めたりと、LA最終ということでリラックスし過ぎたわけではないのでしょうけど、ミス多めのライブとなっています。

by Hara ¦ 13:59, Thursday, Aug 13, 2020 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『The Incredible Art Collins T ..

『The Incredible Art Collins T ..

『Wembley Stadium 1999 Day2』( ..

『Goin' Back To The Roots' Ame ..

『Washington 1999 2nd Night』( ..

『Washington 1999 1st Night』( ..

番外編『The Rolling Stones In ..

『Los Angeles 1989 Final Night ..

『Paris 1982 1st Night』(-)

『Bright Light Big City Revist ..

過去ログ
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ