The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『Washington 1999 2nd Night』(-)
washington19992ndnight

『Washington 1999 2nd Night』(-) 2CD

Mar.8 1999 MCI Center,Washington,D.C.

Stereo Audience Recording
Quality:Excellent

(Disc-1)
1.Intro/2.Jumping Jack Flash/3.Respectable/4.All Down The Line/5.You Got Me Rocking/6.Honky Tonk Women/7.Moonlight Mile/8.Saint Of Me/9.Some Girls/10.Paint It Black/11.Band Introduction/12.Thief In THe Night/13.You Don't Have To Mean It/14.Out Of Control
(Disc-2)
1.B-Stage S.E./2.Route 66/3.Just My Imagination/4.Midnight Rambler/5.Tumbling Dice/6.It's Only Rock'n Roll/7.Start Me Up/8.Brown Sugar/9.Sympathy For The Devil

前項に続いての1999年No Securityツアー中盤のワシントン公演収録盤。本作が収録してるのは、2連続公演の2日目となる3月8日公演。

この日はツアー初登場にして唯一の演奏となった"All Down The Line"がセットリスト入り。その"All Down The Line"、97年は演奏されず、翌98年は1月17日のMSG公演と1月23日のハワイ公演、そして99年はこの日と6月8日のロンドン・シェファーズブッシュの計4回のみの演奏という、No Securityツアーのみならず、Bridges To Babylonツアーでもレアな部類の曲だったりします。

この公演を収録している既発盤はVGP『Welcome To Washington』(VGP-218)のみ。

vgpwelcometowashington

エコーがかったややクリアーさに欠ける音質で、演奏自体は大きく捉えてはいるものの、不快に感じるレベルではないがBステージともども少々騒々しいというタイトル。また、時々マイクを隠すのか突如音がこもったりするところもあったりします。

本作はというと、音の近さ自体はVGP盤とさほど変わりませんが、高域はすっきりと伸び、低域もそこそこに厚みがあるという高音質音源から作成されています。

VGP盤ほどではありませんが本作も観客が賑やかで、このツアーの目玉曲"Moonlight Mile"では曲が地味すぎたのか周りが騒がしかったり、また"All Down The Line"や"Some Girls"では録音者の傍の観客の話し声をダイレクトに拾ってしまっていたりもしますが、こちらも不快に感じるほどではありません。

そんな本作で耳を惹いたのが"Tumbling Dice"。
ホーンのバランスがかなり大きく、2コーラス目のAメロ「Honey got no money」や「Baby,I can't stay」あたりはほとんどヴォーカルが聞こえないといった具合だったので、こんなバランスだったかとVGP盤の方を聞いてみると、こちらはちゃんとヴォーカルが前面に出ているという・・・。

何とも不思議だったことから更にヘッドフォンでよく聞いてみると、本作はヴォーカルに比べてホーンの定位がやや右に寄っていたりすることから、おそらく録音者はホーンセクション近くの席で、スピーカーの音に加えてホーンの生音も拾っていたのではなかろうかというのが一応の結論ですがはたして・・・。

by Hara ¦ 23:26, Monday, Aug 24, 2020 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『The Incredible Art Collins T ..

『The Incredible Art Collins T ..

『Wembley Stadium 1999 Day2』( ..

『Goin' Back To The Roots' Ame ..

『Washington 1999 2nd Night』( ..

『Washington 1999 1st Night』( ..

番外編『The Rolling Stones In ..

『Los Angeles 1989 Final Night ..

『Paris 1982 1st Night』(-)

『Bright Light Big City Revist ..

過去ログ
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ