The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『Philadelphia 1989 Second Night』(-)
philadelphia1989secondnight

『Philadelphia 1989 Second Night』(-) 2CD

Sep.1 1989 Veteran's Stadium, Philadelphia,PA

Stereo Audience Recording
Quality:Very Good

(Disc-1)
1.Continenntal Drift/2.Start Me Up/3.Bitch/4.Sad Sad Sad/5.Undercover Of The Night/6.Harlem Shuffle/7.Tumbling Dice/8.Miss You/9.Ruby Tuesday/10.Play With Fire/11.Dead Flowers/12.One Hit/13.Mixed Emotions/14.Honky Tonk Women/15.Rock And A Hard Place/16.Midnight Rambler
(Disc-2)
1You Can't Always Get What You Want/2.Little Red Rooster/3.Before They Make Me Run/4.Happy/5.Paint It Black/6.2000 Light Years From Home/7.Sympathy For The Devil/8.Gimme Shelter/9.It's Only Rock'n Roll/10.Brown Sugar/11.Satisfaction/12.Jumping Jack Flash/13.Carmen

プレスでのブート初登場となる1989年Steel Wheelsツアー2日目、9月1日フィラデルフィア公演収録盤。

前回投稿で採り上げた初日の音源に似た感じの、音の輪郭は甘めなものの演奏を大きく捉えたバランスの良い音源が基となっており、曲中カットは無し。

ただし、ディスク1のラスト"Midnight Rambler"は曲が完全に終わり切らないうちにフェードアウト開始してしまっているので、ここはその後のフェードアウトが急になったとしても、曲が終わりきった後の開始の方が良かったかも。

"One Hit"ではマイクを隠したりしたようで音が不安定になったり、曲の中間部では周りの観客のしゃべりが耳障りだったりもしますが、他は基本的に曲中は周りが静かめで安定しているので、さほどストレスなくコンサート全編を聴くことが出来ます。

とはいえ、主に曲間で吹いていることから、さほど不快というほどのことではないかもしれませんが、録音者近くの観客による口笛が大きなレベルで入り込んできてしまっているので、リミッターがかかった印象になってしまう可能性はあるものの、口笛部分のみの音量を少し下げた方が聴き易さが向上したかと。

前日、停電トラブルのあった"Shattered"はセット落ち。
またアレンジも前日から若干変更を加えており、バンド全体が止まった後に「And a hard place」とミックが歌うエンディングが付いていた"Rock And A Hard Place"は、バンド全体が止まって曲が終わるお馴染みのエンディングに。

そして前日なかなかキースが弾き始めなかったがために、やたらと間が空いてしまった"Paint It Black"はなんと鍵盤がイントロを担当・・・。さすがにやり過ぎとなったのか次の公演からはキースに戻りましたが、ある意味これがこの公演の目玉かと。

またこの日の"Miss You"では、見せ場のはずのミックの中間のファルセットヴォーカルが何故かオクターブ下げだったり、これはそれほどレアでもないような気もしますがキースはキースで自分が歌う曲のイントロを2曲とも弾き損じ(よりによって本作のジャケットはそのキースが歌っている写真という・・・)、本編ラストの"Satisfaction"ではミックのコール・アンド・レスポンスの譜割りがおかしかったりといった、ツアー序盤ならではのイレギュラーな演奏も聴くことも出来ます。

by Hara ¦ 23:50, Friday, May 14, 2021 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『New York Junction』(DAC)

『The Rolling Stones Steel Whe ..

『Australian Tour 1966』(DAC)

・・・

『Palladium 1978』(-)

『Complete Lacerated』(-)

『Live...1978』(KING STREET)

『Philadelphia 1989 Second Nig ..

『Philadelphia 1989 First Nigh ..

『Let It Bleed Sessions』 (May ..

過去ログ
2021年10月
2021年 9月
2021年 8月
2021年 5月
2020年10月
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ