The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『All The Way To Dusseldorf』(DAC)
dacdusseldorf

『All The Way To Dusseldorf』(DAC-056) 2CD

July.23 2006 Rhein-Energie Stadion,Cologne,Germany

Stereo Audience Recording
Quality:Excellent

(※)Disc-2 Track 10
Mar.22 2006 Tokyo Dome,Tokyo,Japan
Stereo Soundboard Recording
Quality:Excellent

(Disc-1)
1.Opening/2.Jumping Jack Flash/3.It's Only Rock'n Roll/4.Oh No Not You Again/5.Let's Spend The Night Together/6.SHe's So Cold/7.As Tears Go By/8.Streets Of Love/9.Tumbling Dice/10.Night Time Is The Right Time/11.Band Introductions/12.Before They Make Me Run/13.Slipping Away

(Disc-2)
1.Miss You/2.Rough Justice/3.Get Off Of My Cloud/4.Honky Tonk Women/5.Sympathy For The Devil/6.Start Me Up/7.Brown Sugar/8.You Can't Always Get What You Want/9.Satisfaction
*** Bonus Track
10.As Tears Go By

DACドイツ公演シリーズ第4弾ケルン公演収録盤。
全曲収録はもちろんのこと、オープニングSEから終演後の花火及び客出しBGMまで収録。

1曲目の"JJF"こそ、出音が小さい関係で音が遠く感じ、またチャックのエレピが前面に出てギターがほとんど聞こえないという滅茶苦茶なバランスになってますが、曲中から徐々に改善されてきてからは、音も近くなり安心して聴くことが出来ます。しかし・・・開演前にやっているサウンドチェックは、ちゃんと機能しているんでしょうか(苦笑)。

本作の全体的な音は、邪魔な歓声や手拍子もほとんどなく、前述"JJF"以外は演奏も大きく録れている音源で、移動の為、音質が変わりがちなBステージも、"Miss You"で若干音が沈む箇所があったり、Bステージ中は全体的にややエコーがかりはしますが、メインとの違和感はさほど無く、マイルドで聴きやすい音質も相まってかなりの高音質録音。

セット的に目新しさはなく、演奏も毎度の小ミスはありますが全体的にはまとまっており、特筆する点もありませんが、安心して聴くことの出来る優良タイトル。

ボーナストラック扱いで収録されているのは、東京初日公演の"As Tears Go By"のステレオミックス。
この初日に関してDACからは傍受音源が2種類リリ−スされていましたが、今回はその傍受音源の内、二種の音源をミックスしたと言われている
『As The Years Go By』(DAC-051)

dacasyears

をステレオにミックスし直したもの。
一番最初に出たメンバー4人の音がメインの傍受音源を左寄りに、そして『As The Years Go By』作成時に被せた傍受音源を右寄りに配置。

そうすると何故『As The Years Go By』を最初からステレオにしなかったのかという気もしますが、メンバー4人の音が左の方に寄った、初期のステレオミックスを彷彿させる音になってしまっているので聴きやすさを重視したのかなと。まあ『As The Years Go By』のネタばらし的なオマケという位置づけの音源。

by Hara ¦ 01:03, Monday, Dec 11, 2006 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『New York Junction』(DAC)

『The Rolling Stones Steel Whe ..

『Australian Tour 1966』(DAC)

・・・

『Palladium 1978』(-)

『Complete Lacerated』(-)

『Live...1978』(KING STREET)

『Philadelphia 1989 Second Nig ..

『Philadelphia 1989 First Nigh ..

『Let It Bleed Sessions』 (May ..

過去ログ
2021年10月
2021年 9月
2021年 8月
2021年 5月
2020年10月
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ