The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『Danger Keep Behind Barbed Wire』(HMC)
dangerkeepbehind

『Danger Keep Behind Barbed Wire』(HMC 005) 2CD

Nov.1 1997 Texas Motor Speedway,Fortworth,TX

Stereo Soundboard Recording
Quality:Excellent

(※)Disc-2 Track11-15
Oct.25 1997 Capitol Theater,Port Chester,NY

Stereo Soundboard Recording
Quality:Excellent

(Disc-1)
1.Intro/2.Satisfaction/3.It's Only Rock'n'Roll/4.Let's Spend The Night Together/5.Flip The Switch/6.Gimme Shelter/7.Dead Flowers/8.Anybody Seen My Baby?/9.Bitch/10.Out Of Control/11.Star Star/11.Miss You/12.Band Introductions/13.All About You/14.Wanna Hold You
(Disc-2)
1.Stage Transfer/2.Little Queenie/3.Crazy Mama/4.You Got Me Rocking/5.Sympathy For The Devil/6.Tumbling Dice/7.Honky Tonk Women/8.Start Me Up/9.Jumping Jack Flash/10.Brown Sugar/11.Tumbling Dice/12.Anybody Seen My Baby?/13.Sister Morphine/14.Out Of Control/15.Gimme Shelter

B2Bツアーのサウンドボード音源といえば、そこそこ流出している割には、ステレオの片方のチャンネルをモノラル化したバランスのおかしいものが主で、放送音源以外はあまり恵まれているとは言えませんが、本作はこの公演の全曲をステレオサウンドボード録音にて収録した初登場タイトル。

そのバランスですが、キースがどちらかといえばやや左寄りに対し、ロンのギターは右に定位している等、通常のミックスとは逆に感じますが、ディスク2の"Stage Transfer"の後半に収録された、ステージ移動曲であるCannonball Adderleyの"Sticks"を聞く限りは、左右の定位がオフィシャル『Mercy,Mercy,Mercy!』と同じであることから、キースとロンのギター配置は、ミスではなく意図的なものだということが分かります。

cannonballadderley

更にこの音源に関しては、これまでのB2Bツアーのサウンドボード音源のような卓直結で演奏のみを収録した生々しい音と違い、歓声がきちんとミックスされており、もし放送等の意図で収録されたのだとすれば、例え仮ミックスだとしてもギターの配置が何故逆になっているのか等、なんとも疑問な音ではあります。

音質はというと、クリアーな放送音源に匹敵する高音質。過大入力による歪みと、DATのトラッキングエラーと思しきノイズが若干散見されるのが玉にキズですが、さほど気になるレベルではないのが救い。

キースのギター音が最初かなり小さく、途中から慌ててスイッチを入れたかのように急に音量が上がる"Brown Sugar"のイントロに関しては、よくあるPAのミス。

念のために実際の会場ではどうだったのか検証しようと、たまたま持ってた懐かしのCDRブート『Texas Motor Speedway』を引っ張り出してきましたが、何とこのブート、よりによって肝心のアンコール未収録・・・。一応このCDRは10年以上経ってますが、とりあえずまだ音が鳴るようですので、変なメディアは使ってなかったんだなという確認のみに終わりました(苦笑)

texasmotor

まあ、色々言ってもこのツアーでの"Dead Flowers"や"Star Star"、そして"Crazy Mama"がステレオサウンドボードで聴けるようになったという点では大変素晴らしいタイトル。

オマケは、ミックの風邪で延期となった曰く付きの番組「10-Spot」の放送音源。この公演から"Gimme Shelter"がオフォシャル『No Security』に採用されています。

この放送も収録ブートは幾つか出ていますが、その中ではこの時点でのサウンドボード音源(ツアー初日シカゴ2曲、VH-1 Fashion Awards 2曲)を集めた『Rock And Roll Babylon』(VGP-155)が代表タイトル。VGP盤がオートレベルで録音したようなリミッターがかった音だったのに対し、本作はそのような問題は無し。また音質の方もVGP盤にひけを取らない高音質収録。ということで、別にあえてこの音源をボーナス収録しなくてもと思われがちですが、実は本作収録の音が、10-Spot音源ではベスト。

vgprockandrollbabylon

ちなみにVGP盤と同じコンセプトの編集盤として、『Out There In Babylon』(DL-004)がありますが、こちらはVGP盤にないインタビューがあるものの、シカゴ公演がモノラルでの収録だったり、10-Spot音源の高域がにごっていたりするというマイナスポイントがあります。

outthereinbabylon

なお、本作は最初に出たディスクに何らかの不具合が生じる可能性があったようで、あとからCDの内周部を白く塗った差し替えディスクが存在しています。ただ、その最初のディスクをうちのどのプレイヤーで再生しても、今のところ問題は発生していませんが・・・。

こちらが最初のディスク

dangerdiscold

そしてこちらが後の方

dangerdiscnew

by Hara ¦ 20:36, Sunday, Jan 10, 2010 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

『Zipping Through The Days』(G ..

『Grugahalle』(DAC)

『Fuckin'And Suckin』(DAC)

『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

※追記あり 『Bird's Vault - R ..

『Vienna 1976』(-)

『Licks Japan Tour 2003』 (-) ..

『Chicago 2006 2nd Night』(-)

過去ログ
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ