The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『Aberdeen 1982』(SODD)
soddaberdeen1982

『Aberdeen 1982』(SODD 086/87) 2CD
May.26 1982 Capitol Theatre,Aberdeen,Scotland
Stereo Audience Recording
Quality:Very Good

(Disc-1)
1.Under My Thumb/2.When The Whip Comes Down/3.Let's Spend The Night Together/4.Shattered/5.Neighbours/6.Black Limousine/7.Just My Imagination/8.Twenty Flight Rock/9.Going To A Go Go/10.Chantilly Lace/11.Let Me Go/12.Time Is On My Side/13.Beast Of Burden/14.Let It Bleed
(Disc-2)
1.You Can't Always Get What You Want/2.Band Introductions/3.Tumbling Dice/4.She's So Cold/5.Hang Fire/6.Miss You/7.Honky Tonk Women/8.Brown Sugar/9.Start Me Up/10.Jumping Jack Flash/11.Satisfaction

1982年ツアーの最初の4公演はウォ−ムアップも兼ねてか、スコットランドとロンドンの小規模会場で行われましたが、本作はその初日にあたるスコットランドはアバディーン公演の全曲収録盤。

という訳で、ついに発掘された1982年ツアーの初日公演。さすがに前年大規模ツアーを行っているだけあって、初日から既に前年ツアーと比較して各曲のBPMが上がっているという1982年ツアーの特徴である演奏を聴くことが出来ます。

何故かこの日はビルを最後に紹介するメンバー紹介の後、Tumbling Dice"になだれ込むので、"Little T&A"の演奏は無し。

さて、肝心の音の方、ややエコーがかった奥行き感のある録音ではありますが、演奏が意外と大きく録れているので、あまり音が遠いという印象はなし。

音の印象的には『Baby Let's Play House』(VGP-257)やそれをコピーしたSODDの『Edinburgh 1982』(SODD 040/41)に収録された、2日後のエディンバラ公演に近いものがありますが、あれほどの音のクリアーさは無し。ただし、逆にエディンバラ公演音源では引っ込み気味だったギターが、こちらではちゃんと聞こえます。

vgpbabyletsp

soddedinburgh82

手拍子や歓声はそこそこ拾っているものの、気になる程では無し。ただし、序盤の数曲では曲中での女性の話し声が若干気にはなりますが(一体ライブに何しに来ているんだか・・・)、途中からは落ち着いたのか、話し声が聞こえることなくストレス無しでライブを楽しむことが出来ます。

テープチェンジによる曲中カットは無しですが、バンドコールの途中からの収録につき、"A列車"は未収録。また、キースが変なポジションから弾き始める"Let Me Go"の54秒から2分50秒あたりまでは、基テープの劣化と思しき左チャンネルのコモりがあります。

また、"Honky Tonk Women"2分36秒から"Brown Sugar"開始までの間に、何度か観客のものと思しき話し声が大きく入りますが、これがまた不自然なメガホンを通したような音になっていることから、本作は音源全体に何らかのエフェクトをかけていることが推測されます。

by Hara ¦ 15:32, Monday, Jan 11, 2010 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

『Zipping Through The Days』(G ..

『Grugahalle』(DAC)

『Fuckin'And Suckin』(DAC)

『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

※追記あり 『Bird's Vault - R ..

『Vienna 1976』(-)

『Licks Japan Tour 2003』 (-) ..

『Chicago 2006 2nd Night』(-)

過去ログ
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ