The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『Lonely At The Top』(DAC)
daclonelyatthetop1

『Lonely At The Top』(DAC-096) 1CD

Studio Outtakes

Track-1,2
Jan.14-28 1974 Musicland Studios,Munich,West-Germany

Track-3,4,6,7,8,13
Jan.18-Feb.12 1979 Compass Point Studios,Nassau,Bahamas

Track-5
Mar.25-Apr.4 1975 Musicland Studios,Munich,West-Germany

Track-9,10,12
June.10-July.7 & Late July-Aug.25 & Sep.12-Oct.19 1979
Pathe Marconi Studios,Boulogne - Billancourt,France

Track-11
Jan.5-Mar.2 1978 Pathe Marconi Studios,Boulogne - Billancourt,France

Track-14
Nov.25-30 & Dec.6-21 1972 Dynamic Sound Studios,Kingston,Jamaica

Track-15
Apr.10-15 Stargloves & May.20-25 1974 Island Recording Studios,London

Stereo Soundboard Recordings
Quality:Excellent

1.Living In The Heart Of Love/2.Drift Away(I)/3.Sweet Home Chicago/4.Dancing Girls/5.Munich Reggae/6.Lonely At The Top/7.Munich Hilton(III)/8.What's The Matter/9.Gangster's Moll/10.Hang Fire(III)/11.Claudine(II)/12.We Had It All(III)/13.Let's Go Steady/14.Save Me(I)/15.Drift Away(II)

DACアナログ複刻シリーズである本作は、1970年代アウトテイクス集の代表的タイトル。

アナログ時代よりLP・CD幾多ものタイトルがリリースされてきましたが、ものによってピッチがおかしかったり、曲の長短があったりと何かしらの欠点があり、代表的なタイトルであるわりには決定盤がこれまでリリースされておりませんでしたが、本作は既発のそういった欠点を全て補ってのリリース。

まず、既発で必ず問題となっていたピッチに関しては、さすがにこのレーベルらしく全曲正常に修正。

音質の方はというと、クリアーなすっきりとした音に仕上がっており、ヒスノイズがVGP『Lonely At The Top/Nasty Habits』(VGP-057)程の耳障りなレベルではないものの残ってはいますが、聞こえてくる音は自然で、TSP『Lonely At The Top』(TSP-CD-199)のようなノイズ除去処理の影響で音の余韻がおかしなことにはなっていません。

vgplonelyatthetop
tsplonelyatthetop

本作の収録曲をある程度まとめたタイトルとして、事典で代表盤として挙げていた『The Emotional Rescvue Sessions Revisted』(RYF-003)と比較すると、ヒスノイズは本作の方が多めで、本作を聞いた後にRYF盤を聞くと、若干音抜けが良くない印象を受けますが、ここは好みの分かれるところ。

emotionalrescuesessionsrevisited

ちなみにRYF盤の"Dancing Girls""Lonely At The Top""Gangster's Moll"は、既発とチャンネルが逆でしたが、本作は既発同様。

続いて一部タイトルで編集の異なる曲に触れておきますと、"Munich Reggae"はVGP盤だと途中でフェードアウト、『Lonely At The Top』(RS1988ST)はカットイン収録となっていましたが、本作はきちんとフル収録。

rslonelyatthetop

"Lonely At The Top"はVGP盤のみで聞けたカウント前の空ピックと思しき音を、"Gangster's Moll"も同じくVGP盤のみで聞けた曲前のカウントもどきを、それぞれ本作は収録しています。

10曲目から15曲目の6曲はボーナストラックにあたりますが、まず10曲目から13曲目までの4曲の選曲及びその曲の並びは、TSP盤と比較されることを想定したのか同じテイクを収録。TSP盤の方はメイン音源同様にボーナストラックもまたピッチがおかしく、"Hang Fire""We Had It All"は遅め、"Claudine"と"Let's Go Steady"は逆に早めといった具合ですが、本作は当然の如く正常収録。

"Save Me(I)"に関しては、他盤云々というのはありませんが、おそらく70年代全般を網羅というバランス的な意図での収録かと推測。

ラスト"Drift Away(II)"は、遅かったTSP盤のピッチを修正してコピー収録した『Tattoo Out』(KO001)が、何故かこの曲のみオリジナルのバージョンIではなく、バージョンIIを収録していたことからの収録かと思われます。

tattooout1

といった具合で、名盤の割にはこれまで何かしらの不具合があった、このタイトルでしたが、ヒスノイズが若干残ってはいるものの、ようやく不具合のない形でリリースされたのは良かったかなと

ちなみに、ブートにありがちなスペルミスがほとんどないDACですが、レコーディングクレジットの「Nassau」が、全て「Nassou」と誤記されてるのは珍しいかも。

by Hara ¦ 11:21, Monday, Jan 10, 2011 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『Perth 1973 Soundboard』(-)

『All Meat Music 1973』(Mayflo ..

『Roseland Ballroom 2002』(-)

『New York Junction』(DAC)

『The Rolling Stones Steel Whe ..

『Australian Tour 1966』(DAC)

・・・

『Palladium 1978』(-)

『Complete Lacerated』(-)

『Live...1978』(KING STREET)

過去ログ
2022年 5月
2022年 4月
2021年10月
2021年 9月
2021年 8月
2021年 5月
2020年10月
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ