The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



番外編『The Brussels Affair』
thebrusselsaffair

番外編『The Brussels Affair』

Oct.17 1973 Foret Nationale,Brussels,Belgium (1st & 2nd Show)

1.Brown Sugar(1st)/2.Gimme Shelter(2nd)/3.Happy(2nd)/4.Tumbling Dice(2nd)/5.Star Star(2nd)/6.Dancing With Mr.D(2nd)/7.Doo Doo Doo Doo Doo(2nd)/8.Angie(2nd)/9.You Can't Always Get What You Want(2nd)/10.Midnight Rambler(1st)/11.Honky Tonk Women(2nd)/12.All Down The Line(2nd)/13.Rip This Joint(2nd)/14.Jumping Jack Flash(2nd)/15.Street Fighting Man(1st)

まさかの配信のみでリリースされた初の1973年ツアー公式音源は、10月17日に2回行われたブリュッセル公演から。

さすがに公式海賊盤なだけあって、全曲がブート化されている1stショーではなく、これまで流出サウンドボード音源で5曲しか聴けなかった2ndショーをメインにリリースしてきました。

その内訳は、1stショーからが"Brown Sugar""Midnight Rambler""Street Fighting Man"の3曲、そして残りの12曲が2ndショーから。

音の方はボブ・クリアマウンテンのミックスということで、先の1978年テキサスのように、そんなラウドな音実際には出てなかったんじゃ?みたいな音造りではなく、スネアドラムの胴鳴りの音を強調してドラムの音を厚めにしている程度で、さすがオフィシャルという聞きやすい素晴らしい音に仕上がっています。

また一部サイトで既に指摘されているように、2ndショーのテイラーのギターパートには編集が加えられているようで、それをメインにとりあえず現時点で気付いた点を書いておきます。

今回確認に使用した既発音源は下記の4タイトル

1stショーからの10曲をラジオ音源で収録の
『Europe'73』(VGP-011)
vgpeurope731

1stショー全14曲中13曲をラジオ音源から("Brown Sugar"は間奏でホーンが聞こえるようになったリミックス)、そして残りの"Star Star"をオーディンス音源にて収録し、全曲収録とした
『The Lost Brussels』(VGP-088)
vgplostbru1

1stショー全14曲をオーディエンス音源で全曲収録の
『Nasty Muzik』(VGP-252)
vgpnastymuzik1

2ndショーから5曲をサウンドボード音源にて収録の
『Back To The Graveyard』(DAC-113)
dacbacktothegraveyard1

●1.Brown Sugar (1st Show)

『Lost Brussels』に代表されるリミックスの放送音源同様に、間奏でのホーンが大きくミックスされていますが、放送音源ではこのホーンをソロ以外の部分は、中央にかなり小さくミックスしていたことに対し、配信音源の方はホーンが右チャンネルにはっきりと聞こえるようミックスされたことにより、サビやAメロでキースのギターが埋もれてしまっているというちょっとした難点も。

曲前のバンドコールも1stショーからですが、ラジオショー音源の方で聞き慣れたバンドコールに被ってくるピアノの音が聞こえません。実はこのピアノの音は実際は"Brown Sugar"終了後のもので、この配信音源でも"Brown Sugar"終了後に聴ける他、オーディエンス音源の『Nasty Muzik』でも確認出来ます。ちなみに『Europe'73』では"Brown Sugar"終了後にもこのピアノの音が入っており、曲の前後でこの同じピアノの音を使い回しているのが分かりますが、曲前ではバンドコールが、曲後はミックの"Happy"の曲紹介MCが重ねられています。

ピアノの音に続いてのミックのMCも1stショーから。

●4.Tumbling Dice(2nd show)

1回目のAメロから2回目のAメロに移る際のテイラーのオブリ(0分26秒から0分29秒)は1stショーの同箇所を補填

●5.Star Star(2nd show)
1回目のAメロから2回目のAメロに移る際に、テイラーのアルペジオっぽいオブリ(0分28秒から0分30秒)がオーバーダブされてますが、『The Lost Brussels』や『Nasty Muzik』収録のオーディエンス音源では確認出来ず。

●9.You Can't Always Get What You Want(2nd show)

2回目のサビで、2つ目の「You Can't Always Get What You Want」に対するオブリは、1stショー2回目のサビの1つ目の「You Can't Always Get What You Want」に対するオブリを補填。

3つ目の「You Can't Always Get What You Want」から被ってくるオブリは1stショーの同箇所から補填。ただしサビが終わった後からAメロに移るまでの間のアルペジオは2ndショー。

・・・と、書いてますがテイラーが同じプレイをしている可能性も否定できません。

●10.Midnight Rambler (1st Show)

曲終了後のミックのMCは2ndショー

●11.Honky Tonk Women(2nd show)

1番Aメロのオブリ(0分33秒から0分46秒まで)は1stショーから補填

●12.All Down The Line(2nd show)

2ndショー本来のギターソロは従来音源を聞くと、トラブルなのか途中からテイラーのギターが鳴らなくなる為、冒頭部から丸々1stショーに差し替え(1分51秒から2分10秒まで)

と、とりあえず現時点で気付いた点を記してみましたが、ライブ盤となると色々いじくるストーンズのこと、これ以外にも色々あるかもしれません。

by Hara ¦ 19:46, Wednesday, Nov 23, 2011 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『KBFH Broadcasts 2』(Moonchil ..

『From Paris To Hamburg 1965』 ..

『Supergroups In Concert 1983』 ..

『Supergroups In Concert 1982』 ..

『KBFH Broadcasts』(Moonchild ..

『Foxboro 1989 1st Night』(-)

『Philadelphia 2005 2nd Night』 ..

『Atlantic City 2006』(-)

『Houston 2005』(-)

過去ログ
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ