The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『Stoned Issue - Playhouse Theatre』(Godfather)
godfatherstonedissue

『Stoned Issue - Playhouse Theatre』(G.R.575/576) 2CD

May.28 1982 Green's Playhouse,Edinburgh,Scotland

Stereo Audience Recording
Quality:Very Good

(Disc-1)
1.Under My Thumb/2.When The Whip Comes Down/3.Let's Spend The Night Together/4.Shattered/5.Neighbours/6.Black Limousine/7.Just My Imagination/8.Twenty Flight Rock/9.Going To A Go Go/10.Chantilly Lace/11.Let Me Go/12.Time Is On My Side/13.Beast Of Burden/14.Let It Bleed
(Disc-2)
1.You Can't Always Get What You Want/2.Band Introductions/3.Little T&A/4.Tumbling Dice/5.She's So Cold/6.Hang Fire/7.Miss You/8.Honky Tonk Women/9.Brown Sugar/10.Start Me Up/11.Jumping Jack Flash/12.Satisfaction

Godfatherの年代別シリーズ1982年編は、ツアー3公演目にあたるスコットランド公演全曲収録盤。

本作はRattle Snakeの『The Flower Of Scotland』(RS 034/35)とチャプター位置は異なっているものの他はほとんど同じなので、おそらくRattle盤をコピーして音圧を上げただけのもの。したがって基のRattle盤に比べると、やや硬質な音になってしまっています。

rattleflower1

音源自体は、演奏を大きく拾ったクリアーな音質の録音ですが、出音の問題なのか、ライブ前半は全体的にギターが奥に引っ込んでしまっているのが玉にキズ。

では、事典で挙げたこの音源の代表盤であるVGP『Baby Let's Play House』(VGP-257)と比べてみると・・・。

vgpbabyletsp1

Rattle盤とVGP盤、何故か左右が逆に収録されており、VGP盤は左側の抜けがイマイチなのに対し、Rattle盤及び本作は右側がイマイチ。なお、VGP盤のコピーであるSODDの『Edinburgh 1982』(SODD 040/41) は、VGP盤で右寄りだった定位を修正してはいるものの、高域を抑え中低域に厚みを持たせた音造りにしている為、ある意味マイルドとも言えますが、どちらかというとモコっとした印象の音になってしまってます。

soddedinburgh1982

オープニングの"A列車"に関しては、Rattle盤及び本作は10秒強の収録なのに対し、VGP盤は結構長い35秒弱の収録。

テープチェンジにあたってしまい、2回目のリフ途中からとなってしまっていた"Let Me Go"のイントロは、Rattle盤及び本作はそのまま。

VGP盤の方は、イントロで本来ある4回のリフの内、途中から収録である2回目のリフをカットし、続く3回目のリフをコピーして連続3回収録して曲のサイズを合わせるという編集を施しています。したがって中途半端ながら本来の2回目のリフは、Rattle盤及び本作でしか聞けないということになります。

by Hara ¦ 11:10, Saturday, Dec 03, 2011 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

『Zipping Through The Days』(G ..

『Grugahalle』(DAC)

『Fuckin'And Suckin』(DAC)

『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

※追記あり 『Bird's Vault - R ..

『Vienna 1976』(-)

『Licks Japan Tour 2003』 (-) ..

『Chicago 2006 2nd Night』(-)

過去ログ
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ