The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『Tarrant County 1972』(NUMBER 003)
tarrantcounty1972

『Tarrant County 1972』(NUMBER 003) 1CD

June.24 1972 Tarrant County Center,Fortworth,TX,USA (2nd Show)

Stereo Soundboard Recording
Quality:Excellent

1.Brown Sugar/2.Bitch/3.Rocks Off/4.Gimme Shelter/5.Don't Lie To Me/6.Love In Vain/7.Sweet Virginia/8.You Can't Always Get What You Want/9.Tumbling Dice/10.Midnight Rambler/11.Band Introductions/12.Bye Bye Johnny/13.Rip This Joint/14.Jumping Jack Flash/15.Street Fighting Man

定番である6月24日フォートワース2ndショーのステレオサウンドボード音源収録盤。

この音源を収録した主なタイトルとしては、まず事典で代表盤として挙げた『Fort Worth Express』(VGP-205)。2ndショー音源15曲に加えて、1stショーの"Happy"をステレオサウンドボード音源にて追加収録。

vgpfortworth1

続いてはSODDの『The Greatest Lost 1972 Live Album』(SODD 016)。純粋に2ndショー音源15曲を収録。VGP盤より中域に厚みを持たせており、シンバル類がVGP盤よりやや濁った感じにはなっているものの、逆にヴォーカルやギターがやや前面に出た印象を受ける音。

soddfortworth1

なお、『The Return Of The Exiles』(HALCYON)は、VGP盤から"Happy"をカットしてコピーしたこちらも純粋な2ndショー収録盤ですが、迫力を出そうとするあまり低域を持ち上げすぎてしまい、かえって聴きづらくなってしまっているというタイトル。

halfortworth1

本作も純粋な2ndショー音源15曲収録盤で、SODD盤同様に僅かながらですがVGP盤よりも音に厚みを持たせた上、SODD盤より高域を抑え気味にし、VGP盤でそこそこあったヒスノイズも余韻がおかしくならないよう除去処理した、この音源収録盤ではもっとも聞きやすいタイトルとなっています。

なお、SODD盤も同じようにヒスノイズ除去処理をしてはいますが、処理があまり上手くなかった為、"Midnight Rambler"前半部の右チャンネルで、
除去処理特有のキュルキュルといった音が鳴ってしまってます。

サウンドボード音源自体の長さに関しては、VGP盤では"Tumbling Dice"終了後のMC「Thank you very much」が"Happy"とのクロスフェード処理の関係でカットされていますが、SODD盤は「Thank you ve」と途中まで収録。ちなみにきちんと「Thank you very much」がフェードアウトしつつも聴けるのは『Hows Your Lungs』(SOF 8002)ですが、左右が逆でピッチが遅いという難点あり。

howsyour1

本作はVGP盤同様に「Thank you very much」は丸々カット。ただしその代わりに"Midnight Rambler"の前のMCを『Mick Taylor We Miss You』(VGP-092)に代表されるオーディエンス音源から持ってきて補填しています。

vgpmicktaylorwemissyou

ちなみにこの公演のもう一つのオーディエンス録音である『Ain't No Angel On Main Street』(VGP-133)に代表される音源は、"Midnight Rambler"の前がテープチェンジだったようで、このMCを聴くことが出来ません。

vgpaintno1

続いてこのサウンドボード音源は"Brown Sugar"のイントロが欠けている為、VGP盤・SODD盤それぞれが前述の『Ain't No Angel On Main Street』音源を補填していますが、VGP盤がぴったりイントロでディスクが始まるようにしているのに対し、SODD盤はその前の音合わせから収録しています。本作はVGP盤同様にイントロでディスクが始まるようにしていますが、ほんの僅かながらVGP盤よりイントロ前のフェードインが早くなっています。

なお『Ain't No Angel On Main Street』に代表される、オーディエンス音源はバンドコールから収録されていますが、これまでのサウンドボード音源収録タイトルはいずれも収録時間に余裕があるにも関わらず、このバンドコールを補填利用していません。

なお、この"Brown Sugar"繋ぎに使われているオーディエンス音源に関しては、VGP盤は高域がキツいあまり良い印象を受けない音造りなのに対し、本作はSODD盤同様にマイルドな音に仕上げており、音の切り替わりが自然に聞こえます。

by Hara ¦ 23:49, Monday, Dec 05, 2011 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

『Zipping Through The Days』(G ..

『Grugahalle』(DAC)

『Fuckin'And Suckin』(DAC)

『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

※追記あり 『Bird's Vault - R ..

『Vienna 1976』(-)

『Licks Japan Tour 2003』 (-) ..

『Chicago 2006 2nd Night』(-)

過去ログ
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ