The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『Houston 2005』(-)
houston2005

『Houston 2005』(-) 2CD

Dec.1 2005 Toyota Center,Houston,TX

Stereo Audience Recording
Quality:Excellent

(Disc-1)
1.Introduction/2.Start Me Up/3.It's Only Rock'n Roll/4.She's So Cold/5.Tumbling Dice/6.Oh No,Not You Again/7.Rain Fall Down/8.Dead Flowers/9.Bitch/10.Night Time Is The Right Time/11.Band Introductions/12.Slipping Away/13.Infamy
(Disc-2)
1.Miss You/2.Rough Justice/3.Get Off Of My Cloud/4.Honky Tonk Women/5.Sympathy For The Devil/6.Brown Sugar/7.Satisfaction/8.You Can't Always Get What You Want/9.Jumping Jack Flash

2005年ツアーのオーディエンス音源としてはトップクラスの高音質録音が残されているヒューストン公演。

事典でこの公演の代表盤としていたのが『abiggerbangutourhouston05』(Check This Out)
オープニングSEは3秒しか収録されておらず、どういう訳か1曲毎にフェードアウトしてしまっているというタイトル。

ctohouston05


事典出版後にリリースされたのが、14枚組ボックス『A Bigger Bang North American Tour 2005』(HS 69)
オープニングSEはきちんと頭から収録。Check This Out盤のような曲ごとのフェードアウトはないものの、"Miss You"が始まる前にチャックがポロポロとエレピを弾くフリー部分でディスクがカットアウト終了、続くディスクは当然少し前に戻してチャックの遊び前からスタートかと思いきや、カットインでフリー後のチャックのカウントが始まる寸前からディスクスタートとなってしまっているという、ちょっと残念なタイトル。

abb2005box

・・・と、何かしら欠点のあるタイトルしかありませんでしたが、ようやく既発盤のような欠点のない形でリリースされたのが本作。

演奏が大きく捉えられ、かつ耳障りな拍手・歓声の類は皆無という好録音で、当然ながら他盤同様の最高音質。

セットリストとしては目新しいものはありませんが、当時の新曲"Oh No,Not You Again"を始める前に観客を盛り上げるため、ミックが「Comeback to houston houston・・・houston」と歌う即興ソング(?)は10秒にも満たない1節だけものですがレア。

そのミック、"It's Only Rock'n Roll"2回目のサビで1回し歌った後、「Like it...」と行かなければならないところをまたサビを一人だけ歌い出してしまったものだからコーラスが合わせようにも合わせられずといったミスをしでかしていますが(バックの演奏隊はしっかりとミックに合わせていますが・・・)、この日の本編ラスト"Satisfaction"の後半ではテンション高いアドリブヴォーカルを披露する等、良くも悪くも聞きどころを作り出しています。

by Hara ¦ 23:39, Wednesday, Apr 05, 2017 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

『Zipping Through The Days』(G ..

『Grugahalle』(DAC)

『Fuckin'And Suckin』(DAC)

『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

※追記あり 『Bird's Vault - R ..

『Vienna 1976』(-)

『Licks Japan Tour 2003』 (-) ..

『Chicago 2006 2nd Night』(-)

過去ログ
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ