The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『Philadelphia 2005 2nd Night』(-)
philaderphia20052ndnight

『Philadelphia 2005 2nd Night』(-) 2CD

Oct.12 2005 Wachovia Center,Philadelphia,PA

Stereo Audience Recording
Quality:Excellent-Very Good

(Disc-1)
1.Introduction/2.Start Me Up/3.It's Only Rock'n Roll/4.Shattered/5.Bitch/6.Rough Justice/7.Back On My Hand/8.Midnight Rambler/9.The Night Time Is The Right Time/10.You Can't Always Get What You Want/11.Band Introductions/12.The Worst/13.Infamy
(Disc-2)
1.Miss You/2.Oh No, Not You Again/3.You Got Me Rocking/4.Honky Tonk Women/5.Sympathy For The Devil/6.Paint It Black/7.Tumbling Dice/8.Jumping Jack Flash/9.Satisfaction/10.Brown Sugar

ストーンズの2005年フィラデルフィア公演というと、ストーンズ史上最大の迷演"It's Only Satisfaction"となるわけですが、本作が収録しているのはその次にあたる10月12日同所での公演。

前の10日公演では、レア曲"Get Up Stand Up"がセットリストに組み込まれていましたが、5曲入れ替えたこの日はレア曲は無し。ただし、このツアーではライブ前半が定位置だった"Tumbling Dice"が、ライブ終盤に組み込まれているのが珍しいと言えば珍しい点。2005年から2007年に渡ったツアーで、この曲を終盤に演奏したのはこの公演が唯一。

まあその曲順が影響したわけでは当然ありませんが、この曲でのミックは歌い出しが半小節遅れてしまったことから、それを強引に合わせようと早口で歌詞を詰め込んだため、普段と違うメロディーラインで聞けるというのが耳を惹くところ。この曲で半小節早く歌い出すのは、テレビ放送されたソロの88年の来日公演はじめ幾度かありましたが、逆に遅れるのはある意味レアかも。

ちなみにこの日のミック、"Sympathy For The Devil"でも序盤音が取れず、うわずったメロディーラインでしばらく歌い続けるというミスをやらかしています。

さてこの公演、事典でも採り上げましたが、既発は10月10日同所公演を収録したThe Godfatherrecords『Jammin' Side By Side』(G.R.126/127)のボーナストラックとして"Bitch""Back On My Hand""Midnight Rambler""The Night Time Is The Right Time""Paint It Black"の入れ替わり曲5曲がブート化されていましたが、本作はそれとは別音源での全曲収録盤。

godfatherjamminsidebyside

Godfather盤の音が演奏を大きく捉えてはいるものの、オートレベル機能によるリミッターがかかったような質感の音だったのに対し、本作は演奏を大きく捉えている点は同様ですが、音の拡がりがGodfather盤より乏しいため、ややこじんまりとした印象の音となっています。

反面、Godfather盤は手拍子や歓声を結構拾っていましたが、本作は盛り上がる箇所で多少拾っている程度につき、演奏自体の聞きやすさは本作の方が上かと。

ただ音質に限って言うと、本作は聞きやすい音質だったGodfather盤に比べると、中高域が耳に障るぎりぎりのレベルまで張り出していることから、硬質な印象を受ける音となってしまっているので、ここはもう少しマイルドに調整してもらいたかったところ。

なお、"Oh No, Not You Again"エンディング3分50秒にデジタル特有の音ブレが生じてしまっているので、ここも修正してもらいたかったところではあります。

by Hara ¦ 09:54, Sunday, Apr 09, 2017 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

『Zipping Through The Days』(G ..

『Grugahalle』(DAC)

『Fuckin'And Suckin』(DAC)

『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

※追記あり 『Bird's Vault - R ..

『Vienna 1976』(-)

『Licks Japan Tour 2003』 (-) ..

『Chicago 2006 2nd Night』(-)

過去ログ
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ