The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『Supergroups In Concert 1982』(-)
supergroupinconcert1982

『Supergroups In Concert 1982』(-) 2CD

Nov.5 1981 Brendan Byrne Arena,Medowlands Sports Complex,East Rutheford,NJ
Nov.25 1981 Rosemont Horizon,Des Plaines,IL
Dec.1 1981 Silverdome,Pontiac MI
Dec.5 1981 Superdome,New Orleans,LA
Dec.7,8,9 1981 Capital Arena,Largo,MD
Dec.13 1981 Sun Devil Stadium,Phoenix,AZ
Dec.18,19 1981 Hampton Coliseum,Hampton Roads,VA

Stereo Soundboard Recording
Quality:Excellent

(Disc-1)
1.Introduction/2.Take The A Train(12/7)/3.Under My Thumb(11/5)/4.Beast Of Burden(11/25)/5.Let's Spend The Night Together(12/18)/6.Shatterd(12/18)/7.Black Limousine(12/1)/8.Twenty Flight Rock(12/9)/9.Going To A Go Go(12/9)/10.You Can't Always Get What You Want(12/1)/11.Band Introductions(12/1)/12.Let Me Go(12/8)/13.Time Is On My Side(12/18)
(Disc-2)
1.Let It Bleed(12/5)/2.Just My Imagination(12/19)/3.She's So Cold(12/9)/4.Hang Fire(12/13)/5.Miss You(12/18)/6.Start Me Up(11/25)/7.Jumping Jack Flash(12/1)/8.Satisfaction(12/13)/9.Star Spangled Banner(12/13)


前項では、アメリカのD.I.R.Broadcasting Corp.制作の「King Biscuit Flower Hour」にて放送された、1973年欧州ツアー収録盤を紹介しましたが、今回は同じD.I.R.Broadcasting Corp.制作の1981年北米ツアー特集番組収録盤。

ストーンズの81年ツアーのラジオ放送は、まず1982年と1983年に「Supergroups In Concert」という特別番組で放送された後、「King Biscuit Flower Hour」で抜粋放送されましたが、本作が収録しているのは、その1回目となる1982年8月16日放送の「Supergroups In Concert」。

この番組で放送された81年ツアー演奏曲は18曲ですが、その中の10曲はつい2ヶ月前に発売されたニューアルバム『Still Life』と同テイク同編集。つまりIntroとOutro以外は『Still Life』収録曲を全て聞くことが出来るという番組だったのでした。

ただ、出たばかりのニューアルバムをほぼ丸々流すということに、ストーンズサイド(?)が難色を示した結果なのかどうか定かではありませんが、この番組、重複している10曲のみピッチを高くするという編集がされてしまっているのが最大の難点。

きちんとした音で聞きたければレコードでという戦略もあったのでしょうけど、ピッチを変えて放送するくらい神経質になるならば、別日の演奏を放送すればいいのにと思ってしまいますが、そちらの演奏の方が『Still Life』より良いのでは?という意見が出るのを恐れた結果、こういうことになったのかもと推測。

ここで1982年「Supergroups In Concert」既発盤について触れておくと、

まずはLP『Time Is On Our Side』(TSP-018)
アナログLP時代、唯一放送された18曲を収録していたタイトルで、放送順ではなく実際のライブ演奏順に曲を並び替えているのがポイント。高音質ですが、中域がやや引っ込んでいることから、おとなしめな印象を受ける音。CD黎明期にリリースされたこの放送を収録したタイトルは、このLP起こし。

timeisonoursidelp


続いては事典で採り上げたCD『Time Is On Our Side』(TSP-CD-018=VGP-038) 。
上記アナログ復刻という形をとっていますが、18曲全てを収録しているわけではなく"Shattered"カットの全17曲。曲ではありませんがメンバー紹介もカット。なおこのCD、全17曲となったのは黒レーベルの追加プレスからで、初版のシルバーレーベルは"Miss You"未収録。追加プレスのジャケットは修正されず"Miss You"がノンクレジットのままにつき、見分けは盤を確認する以外にありません。

vgptimeisonourside


そして事典で採り上げたもう1つのタイトル『Ride Like The Wind』(VGP-290)
同名LPは『Still Life』未収録曲"You Can't Always Get What You Want"がカットされているという片手落ちなアルバムでしたが、このCDはラジオショーを丸ごとデジタル化しており、放送そのものを高音質で聞くには最適だったタイトル。

vgpridelikethe

本作はというと、VGP『Ride Like The Wind』同様にラジオショーをダイレクトにデジタル化したタイトル。

VGP盤が当時の音造りの傾向により、やや硬質な音質となっていたのに対し、本作は加工なしのストレートな耳触りの良いサウンド。そしてこれが最大のポイントですが、『Still Life』重複曲のピッチを正常に修正しています。当時の番組をそのまま楽しむといった観点からは外れるのかもしれませんが、聞いている際の違和感が解消されているというのはポイント高いかなと。

なお、"Let's Spend The Night Together""Going To A Go Go""Band Introductions""Time Is On My Side""Start Me Up""Jumping Jack Flash"の後に、サポートミュージシャンのアーニー・ワッツやプロモーターのビル・グラハム、『Still Life』のエンジニアだったボブ・クリアマウンテン等の短いインタビューが挿入されていますが、チャプターが振られていないのはVGP盤同様。

by Hara ¦ 22:08, Tuesday, Apr 18, 2017 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

『Zipping Through The Days』(G ..

『Grugahalle』(DAC)

『Fuckin'And Suckin』(DAC)

『Bird's Vault - RI 61/16(Volu ..

※追記あり 『Bird's Vault - R ..

『Vienna 1976』(-)

『Licks Japan Tour 2003』 (-) ..

『Chicago 2006 2nd Night』(-)

過去ログ
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ