The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『Swiss Made』(Tarantura)
taraswissmade

『Swiss Made』(TCDRS-8-1,2) 2CD
June.15 1976 Hallenstadion,Zurich, Switzerland

Stereo Audience Recording
Quality:Excellent - Very Good

(※)Disc-2 Track 10,11
Mono Audience Recording
Quality:Good

(Disc-1)
1.Opening/2.Honky Tonk Women/3.If You Can't Rock Me/4.Get Off Of My Cloud/5.Hand Of Fate/6.Hey Negrita/7.Ain't Too Proud To Beg/8.Fool To Cry/9.Hot Stuff/10.Star Star
(Disc-2)
1.You Gotta Move/2.You Can't Always Get What You Want/3.Band Introductions/4.Happy/5.Tumbling Dice/6.Nothing From Nothing/7.Outa Space/8.Midnight Rambler/9.Brown Sugar/10.Jumping Jack Flash/11.Street Fighting Man

この公演は、これまでアナログ時代に2枚組LP『Get Off Of My Stone』(-)にて、ツアー定番曲"IORR"が外れたこの日のセットリスト全19曲がブート化済み。

getoffofmycloudlp

CD時代に入ってはLPと同音源にて"Street Fighting Man"のみ、VGPの『Seid Ihr Wach?』(VGP-098)にて、ミュンヘン公演という誤まったクレジットで唯一CD化されていただけで、全曲のCD化はされていませんでしたが、本作はLPとは異なる音源をメインに作成された全曲収録タイトル。

vgpsaidihrwach

メインとなる音源は、オープニングから"JJF"の最初のサビに入るまでで使用。いきなり叫び声の奥から、か細い音で"Honky Tonk Women"のイントロが鳴ったのでどうなることかと思いきや、場内の出音自体が上がったら演奏を大きく捉えた好録音。

ただ、一段と出音が大きくなったと思しき"Brown Sugar"以降は、オーバーレベルなのか音の端々に歪みが生じてしまってはいますが・・・。

"If You Can't Rock Me"では、いきなり左から強烈なヒスノイズが出たかと思えば、曲の途中まで音がコモっていたり、"You Gotta Move"ではちょいと外れた感じの歌声を思いっきり拾っていたりと落ち着かない部分があったり、全体的にヒスノイズが結構漂っていたりもしますが、基本的には奥行きと広がりを感じる好感持てる音。

ただし、残念なことに全体的に結構ピッチが遅め。

加えて、このレーベル恒例であるチャプター切り替わり時の音飛び。ディスク1こそあからさまに分かるものはありませんが、ディスク2で頻発。"You Can't Always Get What You Want"、"Band Introductions""Outa Space""JJF"それぞれの前で音飛びが発生してしまっています。

なお、"Midnight Rambler"終了後の歓声の一部と、"JJF"の最初のサビ前以降に使われている補填音源、これは前述のLP音源と同じものですが、本作は高域を強調した上、LPでは厚みのあった中低域も抑えてしまった為に、かなりやせ細った音となってしまっています。このようなイコライジングをしない方が、メインの音源との違和感が少なかったような気もするのですがこれは残念。

せっかくメインの音源自体は結構良いものだったのに、相変わらずそれを活かしきれないのは何だかなといったタイトル。

by Hara ¦ 22:17, Friday, Dec 21, 2012 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『Perth 1973 Soundboard』(-)

『All Meat Music 1973』(Mayflo ..

『Roseland Ballroom 2002』(-)

『New York Junction』(DAC)

『The Rolling Stones Steel Whe ..

『Australian Tour 1966』(DAC)

・・・

『Palladium 1978』(-)

『Complete Lacerated』(-)

『Live...1978』(KING STREET)

過去ログ
2022年 5月
2022年 4月
2021年10月
2021年 9月
2021年 8月
2021年 5月
2020年10月
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ