The Rolling Stones Bootleg Reviews written by Hara  
 
 



『Let It Bleed Sessions』 (Mayflower)
mfletitbleedsessionsnew

『Let It Bleed Sessions』 (MF-162/163) 2CD

Feb.9-Mar.31 1969 Olympic Sound Studios,London,UK

(※)Disc-1 Track1
May.23 1968 Olympic Sound Studios,London,UK

(※)Disc-1 Track11-17
Apr.12-July.2 1969 Olympic Sound Studios,London,UK

(※)Disc-2 Track1-10
Oct.17-Oct.26 1969 Sunset Studios L.A.USA & Oct.28-Nov.2 1969 Elektra Studios L.A.USA

Stereo Soundboard Recording
Quality:Excellent

(Disc-1)
1.Love in Vain(Take 6 Blues Version)/2.Midnight Rambler(Take 18)/3.Love In Vain(Rough Vocal Mix)/4.You Got The Silver/5.Gimme Shelter #1/6.Let it Bleed(Inst)/7.Honky Tonk Women/8.Gimme Shelter #2/9.Sister Morphine(Without Piano)/10.And I Was A Country Boy/11.Downtown Suzie/12.Country Honk(Inst)/13.Country Honk(Without Fiddle)/14.Loving Cup/15.Jiving Sister Fanny/16.I Don't Know Why/17.Let It Bleed(Rough Vocal Mix)/18.Sister Morphine(Longer Early Version)
(Disc-2)
1.All Down The Line(Acoustic)/2.Hillside Blues/3.Gimme Shelter(1st Guitar + Percussions)/4.Gimme Shelter(2nd Guitar)/5.Gimme Shelter(Bass)/6.Gimme Shelter(Percussion)/7.Gimme Shelter(Piano,Guitar,Mouth Organ)/8.Gimme Shelter(Vocal)/9.Gimme Shelter(Backing Track)/10.Gimme Shelter(Rock Band Expert Full Band)/"You Can't Always Get What You Want" Choir Overdub Session
11.Rehearsal 1/12.Rehearsal 2 & 3/13.Take 1/14.Take 2 & Practice/15.Rehearsal 4/16.Rehearsal 5/17.Take 3/18.Rehearsal 6/19.Take 4/20.Take 5/21.Take 6

Mayflower、2度目のリリースとなる『Let It Bleed』アウトテイク&セッション集。

前作『Let It Bleed Sessions』(MF-40/41)は、何故かオフィシャル『Jamming With Edward』がアルバム丸々入っていたり、肝心のアウトテイクはというと左右が逆のテイクや漏れがあったりと、何とも雑なタイトルでしたが、本作はうってかわって69TRAX等の近年流出した音源もきちんとフォローした『Let It Bleed』関連の集大成的タイトル。

mfletitbleessessionsold

本作リリースの少し後に『Fully Finished Studio Outtakes』(BFR 101-103)にて、"Curtis Meets Smokey"(クレジットでは1966年と表記されていますが実際は1969年の音源)が発掘されたため、この曲だけは漏れてしまっていますが、それ以外は全て収録しているという力作。

fullufinishedouttakes

ディスク1、トラック3の"Love In Vain"とトラック17の"Let It Bleed"の2曲のアセテート音源は、DAC『The Olympic Sound Studios Sessions 1968-1969』(DAC-198)にてブート初登場となったもの。本作もDAC盤同様、youtubeで公開されていた曲の前半1分半から45秒程度のものですが、どちらもヴォーカルが異なる貴重な音源につき、フルサイズの流出が望まれるところ。

dactheolympicsoundstudiossessions

ディスク2のトラック3からトラック9までは、前作にも入っていたJam Trackなるソフト用の分離トラック群ですが、ディスク2のトラック11以降収録の、69TRAXからの"You Can't Always Get What You Want"のコーラスダビングセッション音源同様に、何度も聴くような音源ではないので、ディスク2の最後の方に固められてるのは親切かも。

その観点でいうと、ゲームソフト「Rock Band」用に制作されたフェードアウトせずに曲が終わる編集が施された、本作が初収録となるトラック10"Gimme Shelter(Rock Band Expert Full Band)"が、分離トラック群の前に配置されていたら尚良しだったかも。

by Hara ¦ 21:18, Sunday, May 09, 2021 ¦ 固定リンク

△ページのトップへ
 


最近の記事
『New York Junction』(DAC)

『The Rolling Stones Steel Whe ..

『Australian Tour 1966』(DAC)

・・・

『Palladium 1978』(-)

『Complete Lacerated』(-)

『Live...1978』(KING STREET)

『Philadelphia 1989 Second Nig ..

『Philadelphia 1989 First Nigh ..

『Let It Bleed Sessions』 (May ..

過去ログ
2021年10月
2021年 9月
2021年 8月
2021年 5月
2020年10月
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2019年 4月
2019年 1月
2018年12月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2017年12月
2017年 9月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2016年10月
2016年 9月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2015年 6月
2015年 4月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年 5月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 2月
2011年 1月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年10月
2009年 9月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月

Links
ローリング・ストーンズ海賊盤事典
Bridges to the Stones

フリーソフトで作るブログ